イベント・スクール・公募展

日本広告写真家協会の写真公募展「APAアワード」のInstagramアカウント開設

公益社団法人日本広告写真家協会(APA)は写真家の登竜門として1961年より写真公募展「APAアワード」を開催しているが、その広報宣伝活動の一環として、このたびAPAアワードのInstagramアカウントを開設して過去の入賞・入選作を公開している。

APAアワード Instagramアカウント
https://www.instagram.com/apa_award/

img_event_instagram_apaaward.jpg

APAアワード2018 写真作品部門・文部科学大臣賞
影田篤俊
-若者たちの挑戦- アメリカ・モンタナ州 Richland Youth Rodeo Contestants

APAアワードには、募集テーマに沿ってプロ・アマだれでも応募できる「写真作品部門」と、実際に広告として制作・発表された作品を対象とする「広告作品部門」の2部門がある。このうちInstagramで公開されているのは、これまでの写真作品部門の入賞・入選作だ。

今年度の応募期間は9月1日から始まるので、これまでの入賞・入選作をInstagramで見て、APAアワード2019 写真作品部門の応募に備えてはいかがだろうか。


APAアワード2019 写真作品部門 概要

応募要項: http://www.apa-japan.com/award/photo.html

募集テーマ:「PASSION」パッション

応募資格: 国内在住者で応募作品の著作権を有する方。国籍、年齢、職業問わず

応募サイズ:A4サイズ(297×210mm)または
      8 × 10(六切り)サイズ(203×254mm)のプリント

出品点数: 単作品=制限なし
      組作品=1組5枚までを上限とし、何組出品しても可

応募料:  一般3,000円/1枚・学生1,500円/1枚
      組写真の場合は作品枚数分の応募料が必要

応募期間: 2018年9月1日〜28日

審査:   2018年10月中旬予定

展示:   2019年3月2日〜17日 東京都写真美術館

表彰式:  2019年3月16日 東京都写真美術館

作品の掲載:「年鑑 日本の広告写真2019」 2019年3月上旬発売

賞:    文部科学大臣賞 1作品(賞金30万円)
      東京都知事賞 1作品(賞金15万円)
      金丸重嶺賞 1作品(賞金10万円)
      奨励賞 4作品(賞金3万円)
      学生賞 1作品(賞金3万円)
      入選 約60作品

審査委員: 高井哲朗(公益社団法人日本広告写真家協会 副会長)...審査委員長
      丹羽晴美(東京都写真美術館 学芸員)
      佐々木広人(アサヒカメラ 編集長)
      福島晃(デジタルカメラマガジン 編集長)
      ハービー・山口(写真家)
      安珠(写真家)
      鈴木理策(写真家)
      レスリー キー(公益社団法人日本広告写真家協会 正会員)


関連記事

powered by weblio




写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン