イベント・スクール・公募展

フォトグラファーの「輝く才能」を発掘するオーディション、第2回「SHINES」募集中

img_event_shines_2019_kokuchi_1.jpg

SHINES エントリーサイト:canon.jp/shines/

キヤノンマーケティングジャパンは「SHINES」の第2回応募要項を発表し、写真家のエントリー受付を開始した。

「SHINES」はいわゆるフォトコンテストではなく、フォトグラファーのオーディション。一次選考は書類選考のみで行われるという一風変わった形式をとっており、二次選考ではじめて写真作品を提出、最終選考会はプレゼンテーション形式で行われる。最終選考会では、これまで「何をどう撮ったか」だけでなく、これから「何をどう撮るのか、撮りたいのか」を、自分の言葉で選考委員に向けてプレゼンテーションすることになる。

選考委員はキュレーターやギャラリスト、デザイナーなど、さまざまなジャンルで活躍する7名が務めるが、合議で最優秀作1点を選出するのではなく、選考委員各々が1名ずつ入選者を選出するという点が、通常のコンテストとは大きく異なる。

入選者の特典として、自分の作品で写真集を作ることができ、完成した写真集は代官山 蔦屋書店にて展示・販売される。つまり、このオーディションをくぐり抜けることで、写真家としての第一歩を踏み出したり、写真家としてこれまでとは違う新たなステージに立つことができるというのが、「SHINES」なのである。

img_event_shines_2019_kokuchi_2.jpg

SHINESの入選者は特典として写真集を作ることができる。上は第1回入選者の写真集。

応募資格は年齢、経験(プロ・アマ)を問わないが、一次選考の応募は公式サイトからしか受け付けておらず、期限は2019年7月31日(水)18:00まで。自分のプロフィールと、今回の応募で提出したい作品について記入する。この段階では写真は提出しないので、自分の作品について文章だけでいかに魅力的に語れるかどうかが、一次選考突破の鍵となる。二次選考では10月9日までに30点以上の作品を提出し、それを通過すると12月1日の最終選考会へと進むことができる。

なお、第2回の選考委員は次の7名が務めることになっている。江川賀奈予(代官山 蔦屋書店 アートコンシェルジュ)/梶川由紀(何必館・京都現代美術館キュレーター)/川本康(コマーシャル・フォト統括編集長)/品川一治(映像プロデューサー)/濱中敦史(twelvebooks)/町口覚(グラフィックデザイナー/パブリッシャー)/マーク・ピアソン(禪フォトギャラリー)。

img_event_shines_2019_kokuchi_3.jpg
2017年の第1回SHINES最終選考会の様子。
登壇者は石井靖久氏。


関連記事

powered by weblio




写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン