CINEMA EOS SYSTEM

EOS C300制作事例「SPACE SHOWER TV STATION ID」

SPACE SHOWER TV STATION ID “DANCING WITH THE LIGHTS”

img_products_cinemaeos07_03.jpg http://www.youtube.com/watch?v=sjqHjttfW1A&feature=youtu.be

制作=SPACE SHOWER NETWORKS INC. Pr=滝上明 Dir=大久保拓朗 PM=師田悠三 P=橋本聡 MOVING LED=平山和裕 L=古山幸治 ST=北澤"momo"寿志 HM=根本亜沙美

光と闇の微妙なコントラストをC300で表現した

サカナクションのボーカル・山口一郎が怪しく輝く光の球をまるで操るように踊りながら動かしている。この30秒の不思議な映像は音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」のステーションIDだ。視聴者に人気があるサカナクションをスペースシャワーTVの顔に起用することで、音楽好きの視聴者にチャンネルを身近に感じてもらいたいというのが企画の狙い。 

サカナクションは個性的な音楽を発信して、ミュージックビデオやライブの演出にもこだわっている。そのサカナクションが普通にアーティストとして出演しているだけでは彼らの特徴が活かせない。サカナクションのステージでLEDを駆使した演出が好評なので、それを使えないかとアーティストサイドから提案があり、それを元に新たな表現を考案。真っ暗な倉庫に糸に繋げた24個のLEDを吊るして、プログラミングによって自由に動かす。山口一郎さんの動きが加わることでまるで様々な音楽を操っているような世界観を目指した。

黒バック、上下動するLEDの光、その中で動くアーティストと、光の調整が難しいこの撮影をEOS C300で行なった。カット数も多く、機動力が求められる過酷な現場で監督の期待に見事に応えている。

Interview 大久保拓朗

EOS C300は狙いのあるカラコレ作業の要求にも応えてくれます

img_products_cinemaeos07_04.jpg おおくぼ・たくろう
1982年東京生まれ。自由学園を卒業後、ロンドンのRevensbourne College of Designで映像を学ぶ。2007年SEP所属。
──この作品をEOS C300で撮ろうと決めた理由を教えてください。

大久保 C300は高感度で撮ってもノイズが少ないということと、Canon logで撮るとカラコレの幅があると聞いていて、以前から一度使ってみたいと思っていました。

今回、撮影に使おうと考えていた倉庫は暗いし、LEDが写るのかという不安もある。高感度で撮ることになるだろうとC300で撮ろうと決めました。DSLRでムービーを撮るということが選択肢として当たり前になっていて、ノウハウの蓄積があったので、C300をいきなり使っても戸惑うことはありませんでした。

実際に撮ってみるとISO320の低感度で収録できました。LEDライトを使っているムービングLEDとアーティストのライティングとのバランスが難しいだろうと思っていたんですけど、レンズを通してみるとかなり明るく、ディテールが残っています。

──演出上の狙いはどんな点ですか。

大久保 普段のサカナクションのステージではできない撮り方はなにかと考えると、アーティストにぐっと迫ったカメラワークだろうと思い、LEDとアーティストの間に入り込むようなカメラワークができたらいいなと、様々なアングルを試しました。

LEDの球は野球のボールぐらいの大きさ。24個のLEDがそれぞれ糸でつながっていて、山口一郎さんの動きに合わせて光が動いていきます。

img_products_cinemaeos07_05.gif LEDライトがどれだけ鮮明に見えるのか、またどういうアングルだとダイナミックに見えるのかなど、実際にやってみるまで読めない部分があって、そこは現場でかなり試行錯誤しながら作業しました。今回、1カメだったのですが、C300の機動力にはかなり助けられました。

──C300の映像が綺麗過ぎてカラコレをやり直したこともあったそうですね。

大久保 フルHDのキレのある映像で撮れていたんですけど、オフラインしてカラコレ加えてみると、せっかく実写で撮った絵が、鮮明過ぎてCGっぽく観えてしまうんですね(笑)。

そこで、再度カラコレして暗部を持ち上げ、吊るした糸がわかるようにしました。C300はそういう狙いのあるカラコレ作業の要求にも応えてくれます。

──今後、C300でこういう使い方をしてみたいというのはありますか。

大久保 先日、デイライトでCanon log収録したんですけど、柔らかいトーンで綺麗でしたね。今度は朝焼けの時間帯で使ってみたいですね。

Making

img_products_cinemaeos07_06.jpg 「踊りは現場で皆で考えて作ったものです。プログラムされたLEDに合わせたシンプルで面白い動きはなにかを考えて、山口一郎さんに踊ってもらいました」(大久保)。
img_products_cinemaeos07_07.jpg img_products_cinemaeos07_08.jpg 上:真っ暗のようだが、実際にはかなり明るく収録されている。下:LEDライトが24個。4つずつ6列でプログラミングし、人物の動きに合わせて上下動させている。

協力:キヤノン(株)・キヤノンマーケティングジャパン(株)
CINEMA EOS SYSTEM ホームページ canon.jp/cinema-eos


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン