CINEMA EOS SYSTEM

EOS C300 Markll 制作事例「安田レイ『あしたいろ』」ほか

SME Records 安田レイ「あしたいろ」

img_products_eosC300m2_03_01.jpg
img_products_eosC300m2_03_02.jpg
img_products_eosC300m2_03_03.jpg
制作=CLOUDLAND Pr=藤本健 Dir=末吉ノブ P=豊納正俊 L=山盛修 PM=三小田真由美 A=小栗綾介 ST=藤井晶子 HM=NOBU ED=Kim Kyung Tae MA=スズキマサヒロ

EOS C300 Mark llで3本の異なるシチュエーションのMVを撮影

ムービーカメラマンの豊納正俊さんは昨年約150本のミュージックビデオ(以下MV)を撮影。今年は2月時点で30本のMVを撮影した。しかも撮って終わりではなく、撮影素材を全てグレーディングして納品するのが彼のスタイルだ。

彼が所属するSpiceはCM、MV、ライブ収録などのスタッフの派遣と撮影技術提供を行なっている。また、シネマカメラからDSLRまで数多くの撮影機材も所有。EOS C300 Mark llも発売当初に導入し、早速撮影現場で活躍している。

豊納さんもEOS C300 Mark llでの撮影をいくつも行なっていて、今回はその中から3本のMVを紹介する。

海沿いの部屋にライティングを作り込んで女性アーティストを撮る(安田レイ「あしたいろ」)、薄暗い部屋での演奏シーンと逆光で空抜けの撮影(04 Limited Sazabys「Letter」)、普段使われているオフィス内で昼から夜まで撮影(岡本修「ありがとうの詩」)など、既にいろいろなシチュエーションを経験している。

様々な撮影機材で多くの現場を経験してきた豊納さんは、EOS C300 Mark llにどのような印象を持っているのか。撮影の立場から語ってもらう。

日本コロムビア 04 Limited Sazabys「Letter」

img_products_eosC300m2_03_04.jpg
img_products_eosC300m2_03_05.jpg
制作=ハッチ Pr=末広哲士 Dir=青木亮二 P=豊納正俊 L=田中心樹 PM=伊藤司

Ponzu Records 岡本修「ありがとうの詩」

img_products_eosC300m2_03_06.jpg
img_products_eosC300m2_03_07.jpg
制作=629inc. Pr=山本大介 Dir=今村繁 P=豊納正俊 L=田中心樹 PM=西牧玲 A=浦桃代

Interview 豊納正俊(ムービーカメラマン)

img_products_eosC300m2_03_08.jpg とよのうまさとし
1984年生まれ Spice所属 MV、ライブを中心に活動中。今年の目標は年間200本のMVを撮影することだそう。
www.spice29.co.jp/

ハイライトと暗部に強いので
MVの現場には最適なカメラです

──3本のMVをEOS C300 Mark llで撮影しています。

豊納 EOS C300 Mark llはハイライトと暗部に強いカメラなので1日で様々なシーンを抑えなくてはならないMVの現場には最適なカメラだと思います。機動性があるので、手持ちやMoVI(カメラジンバル)で撮ることが多いですね。

「あしたいろ」は海沿いのスタジオで日が落ちるタイミングで撮影しました。アーティストのアップが多いので、正面から強めのライトも当てています。逆光撮影を多用している「Letter」。演奏シーンは手持ちで撮影しています。「ありがとうの詩」はオフィス、会議室、廊下など、実際に稼働している会社の中で撮影しました。

──レンズは何を使っているのですか。

豊納 主に使っているのはEF 16-35mm、EF 24-70mm、EF 70-200mm。この3本を基本に、ワイドが足りない設定ではEF 11-24mm、EF 100-400mmを使いますね。

──EOS C300も使っていたと思いますが、Mark llではここがよくなったと感じているところはありますか。

豊納 EOS C300はファインダーの色がかなり違うので、画角を見るだけだったのですが、EOS C300 Mark llでは改善されています。ファインダーで確認することが多いので「このぐらい粘っているな」と視認できるのが助かります。

ガンマの種類が多くなったのとLUT(ルックアップテーブル)を適用してモニタに出せるようになったのも大きな変化です。それに、ハンドルの握りがぐらぐらしなくなったのも安心感があります。

──EOS C300 Mark llで撮ってみた印象を教えてください。

豊納 レンジも広いし、色の情報量もあります。ワイドDR収録できるので、Canon Logでは収まり過ぎて絵が決まらないなと感じた時にハイのニュアンスを変更できます。白トビや黒く沈むこともない。コントラストがあるのにハイライトも収まっています。

Canon Log自体も進化していますね。ノーライトで手持ち撮影をしなければならない設定もあるので、助かっています。


協力:キヤノン(株)/キヤノンマーケティングジャパン(株)
CINEMA EOS SYSTEM ホームページ canon.jp/cinema-eos


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン