CINEMA EOS SYSTEM

EOS C300 Markll 制作事例「布袋寅泰『8 BEATのシルエット』」

UNIVERSAL MUSIC JAPAN 布袋寅泰「8 BEATのシルエット」

img_products_eosC300m2_06_01.jpg
img_products_eosC300m2_06_02.jpg
img_products_eosC300m2_06_03.jpg
制作=PEACE TRIBE Pr=東海枝尚恭・菅井高志 Dir+P+ED=中野裕之 L=堀之内徹 CG=JーARAI ST=井嶋和男 HM=原田忠(資生堂) Cas=AKIKO ダンサー=PInO・Toshiya・NAO CHACHACHA・JYOJI PM=丸岡るみ子

CINEMA EOSを熟知した中野監督がEOS C300 Mark llで撮影

アーティスト活動35周年を迎える布袋寅泰さんは、「8 BEATのシルエット」と銘打ったアニバーサリープロジェクトを展開。ギターソロで始まるミュージックビデオ(以下MV)は、ダンサーを従えて、壮大な世界観が描かれている。

演出は中野裕之監督。18年前の初監督映画「SF SAMURAI FICTION」に布袋さんが出演。以後、「POISON」「スリル」「CIRUS」「バンビーナ」など多くのMVを共に制作してきた。

また、中野監督はキヤノン製カメラとの関係も深く、ビデオカメラ、DSLR、そしてCINEMA EOSと、様々な機材で多くの作品を残している。今回は、EOS C300 Mark llを使用。自らファインダーを覗いて撮影を行なった。

今回の撮影では、ワイドDR収録を選択。ワイドDRとは、BT.709をベースとして高輝度部をなめらかに圧縮したガンマで、800%の広いダイナミックレンジを実現する記録方式。CINEMA EOSの絵を知り尽くした中野監督にその狙いを聞く。

img_products_eosC300m2_06_04.jpg
img_products_eosC300m2_06_05.jpg
img_products_eosC300m2_06_06.jpg
撮影時の様子。今回は撮影も中野裕之監督が担当している。レンズはEF24-105mm F4L IS USMを使用。手持ちや三脚、そしてドリーを使った横移動など、短時間で様々なシーンを撮っていく。

Interview 中野裕之(ディレクター)

img_products_eosC300m2_06_07.jpg なかの・ひろゆき
映画監督・映像作家

映画「SF SAMURAI FICTION」「SF Stereo Future」「TAJOMARU」、短編「iron」カンヌ国際映画祭国際批評家週間ヤング批評家賞。現在6年間撮影している日本の魅力を伝える映像詩を制作中。

EOS C300 Mark llはマイルドで
大人っぽい絵の撮れるカメラ

──今回、なぜワイドDR収録を選んだのでしょうか。

中野  Canon Logで撮ると輪郭がすごく綺麗に出るので、拡大を目的にしていればLogでもLog 2でもいいんですけど、今回は、グレーディングで追い込む必要がないこともあって、ワイドDRで撮っています。白バックでもワイドDRで撮っておけば黒締めも浮きもトーンはいかようにもできるのでやりやすいですね。ブルーのトーンはカラコレで変換しているんですけど、それでここまでの色が出るというのは驚きですね。黒バックは使いませんが、撮っています。黒も良かったですよ。

──布袋さんの体にトレードマークの幾何学模様や風景が重なるシーンも印象的でした。

中野 あれも後から重ねているだけです。それでもプロジェクターでマッピングしたような効果が出てるでしょ。やってみたらできるなと(笑)。

──4Kはトリミングするために使っているのですか。

中野 一概にそうではないのですが、僕が4Kで人物を撮る時は後で画角を決めたいと思っています。トリミングで上下、左右、寄り引き。だいたいこのサイズが欲しいと決めている時でも広めに撮っています。後から右寄せか左寄せか、ベストを選べばいいんです。

トリミングした素材も4Kモニターで確認しましたが、何ら問題はありませんでした。135%を超せば甘くなるけど、120%までは全く問題ないので、自由に。EOS C300 Markllになってからさらにキレが良くなっています。全身で寄ったり引いたりしているシーンの中には200%のものも混ざっているんだけど、フォーカスさえ合っていれば、充分使えますね。同じものを4Kで仕上げて見てみましたけど、シャープネスをかければ充分綺麗な絵が出ています。大きなサイズで仕上げてHDで納品というのは、CMでも効果的と思います。アーカイブとしても。

──EOS C300 Markllの絵作りに関してはどのような印象ですか。

中野 EOS C300 Markllは高級感がありますね。大人の絵ですよ。C300の時は絵が硬かった印象があるのですが、C300 Markllは丸いんですよ。ざらざらの紙から高級紙になったような感覚があります。絵が毛羽立つようなものがなく、マイルドです。我々は作例ビデオを作っているわけではないので、4Kの質感を見せる必要はない。C300 Mark llのように大人っぽい絵の撮れるカメラがもっとプロの現場で使われるようになればいいのになと思います。


協力:キヤノン(株)/キヤノンマーケティングジャパン(株)
CINEMA EOS SYSTEM ホームページ canon.jp/cinema-eos


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

今日からあなたもクリアな素肌へ。ピテラフルラインセット

反射神経に応えられる機動性 ディレクター「柘植泰人」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン