一眼ムービー NEWS

EOS 5D Mark IIが新ファームウェアで24P、29.97fpsの30P記録に対応

キヤノンは、EOS 5D Mark II において、動画機能を向上した新ファームウェアのダウンロードサービスが準備中であることを発表した。ダウンロードの開始は3月中旬を予定。新ファームウェアのダウンロードサービスの準備が整ったら、キヤノンのホームページで発表される。

img_products_dslr_5dmark2_firm.jpg

改善内容
1. 以下のフレームレートを追加・変更
 NTSC:
  1920×1080 30fps <29.97fpsに変更>
  1920×1080 24fps <23.976fpsを追加>
  640×480 30fps <29.97fpsに変更>

 PAL:
  1920×1080 25fps <25.0fpsを追加>
  1920×1080 24fps <23.976fpsを追加>
  640×480 25fps <25.0fpsを追加>

2. 録音レベル手動調整機能を追加(64段階)

3. 動画マニュアル露出撮影時にヒストグラム表示(輝度またはRGB)を追加

4. 動画撮影の露出モードにシャッター速度優先AE(Tv)モード、絞り優先AE(Av)モードを追加

5. 音声のサンプリング周波数を変更(44.1KHz→48KHz)

6. センサークリーニングの 「手作業でクリーニング」 を行った後にレンズとの通信が正常に行えないことがある現象の修正(この現象はファームウェア Version 1.2.4 でのみ発生)。

対象製品
デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」


関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン