一眼ムービーなんて怖くない!

動画撮影でF1.2大口径単焦点という選択、オリンパスM.ZUIKO PRO

解説:鹿野宏

PhotoEDGE600px.png

今回、検証するのは、オリンパスM.ZUIKO PROレンズ「単焦点/F1.2シリーズ」です。なぜこの明るいレンズが気になったかというと、1ピクセルあたりの開口径が小さいマイクロフォーサーズでは、筆者の望む「ISO6400 F5.6、1/60sで綺麗な動画」を撮影することが、少々難しかったのです。マイクロフォーサーズでも日中の屋外であればなんの問題もないのですが、夕暮れや夜景、室内となった時には、ISO6400はありがたい。

17mm、25mm、45mmと揃ったF1.2大口径単焦点レンズシリーズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO (左)
M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO (中央)
M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO (右)
img_products_dslr_nofear58_01.jpg最近はズームレンズを使用するシーンが多く、おまけに「動画は4Kで撮影してトリミングしてフルHDで使う」ことも多いため、ついついF5.6~F8で撮影するのが筆者の標準となっていたが、動画でも使いやすいボケ味ならば、明るい単焦点レンズという選択も「あり」と感じた。
サイズ感、操作性、フィルター径(62mm)が統一されていることも、使いやすさの要因の一つになっている。マニュアルフォーカスも、オートフォーカスも動作感はすばらしい。
実は今回、25mmの作例を浜辺で撮影中、突風にあおられて三脚ごと濡れた砂浜に倒してしまうというトラブルに見舞われた。すぐに真水で砂を洗い落として乾燥させ、オリンパスのサポートでチェックをしてもらったが、問題なく完動。「防塵防滴」性能が証明される結果となった。

前回紹介したパナソニックのGH5Sはこの問題をクリアするために、画素数を捨てて高感度での画質を手に入れました。これに対してオリンパスはレンズを明るくすることで、夕闇や室内での美しい映像を得ようとしていると感じたためです。

>【前回】 GH5Sの「Dual Native ISO」はやはりすごい

これまで動画撮影において、F1.2では「あまりにボケすぎてしまい、通常の使い方はできないだろう」という見方をしていました。しかし今回検証した3本のレンズの性格をまとめると、いずれのレンズも確かにF値は明るいけれど「意外と被写界深度を確保できていて、とても使いやすい性格」を持つということが判明しました。


マイクロフォーサーズというイメージセンサーとレンズ

今回の検証は「マイクロフォーサーズというイメージセンサーに限定したお話」というのがキモとなります。マイクロフォーサーズの場合、「35ミリフルサイズの標準レンズ50mmの対角画角」と同等の画角を得るのは25mmレンズです。マイクロフォーサーズ25mmが「50mm相当」と言って差し支えないのですが、レンズの資質、特徴はあくまで25mmのままであることを忘れてはいけません。つまり50mm F1.2と同じようなパース感、圧縮感、被写界深度を持つ訳ではなく、そこはあくまで25mm F1.2という広角レンズのパース感なり、被写界深度特性を持っているのです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

img_products_dslr_nofear58_03.jpg 35ミリ換算で50mmの標準レンズ画角。2メートルの距離、F1.2で45センチ程度の被写界深度。本来の焦点距離は25mmのやや広めの広角レンズであるため、パースペクティブは強調される。1メートルよりも被写体に近づくと、結構なボケ感を演出できる。
作例は、夜明け直後の海岸で撮影。ピント位置を4メートルに設定。計算上の被写界深度は約2メートルだが、画面下部から波頭が立つ画面中央まで充分にピントが合ってくれた。

たとえばM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROは35ミリ換算で34mm、いわゆる広角レンズの代表選手となります。F1.2開放時、フォーカスする被写体までの距離が2メートルで、約1メートルの被写界深度を確保していますが、アウトフォーカス部分がボケすぎて形が壊れてしまうこともない。これはまさしく17mmという「超広角」の性格を持っているためで、近いものと遠いものとのサイズ感の違い(パースペクティブの強調)も、17mmそのものなのです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

img_products_dslr_nofear58_02.jpgF1.2開放時、被写体までの距離が2メートルで約1メートルの被写界深度を確保。被写体が前後しても被写界深度の中に入ってくれる。
この作例では被写体までの距離は約1.5メートル。被写界深度は0.58メートル。前ボケも後ボケもうるさくなくて、とても自然だ。

また明るいレンズと言うと、ボケた部分とフォーカスが合っている部分の差が激しいものが多く、静止画では被写体を浮き立たせる効果が強調されますが、このシリーズはやや異なる性格付けをされていて、「ボケていくグラデーションが非常に滑らかに設計」されています。ピントが合っているところと、ボケ始める部分の連続性が素晴らしく、広角レンズ特有の「比較的緻密に描写する」能力を持ち合わせているため、被写体が動いて少々被写界深度から外れても、いきなりボケることはなく、「動画として充分に成立する」表現をしてくれるのです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

img_products_dslr_nofear58_04.jpg35ミリ換算では90mmという準望遠の画角になるが、レンズの性格は45mmの準標準。F1.2、距離1メートルではたった3.5センチしか被写界深度がない。まさしくシャローフォーカスの表現で、被写体がちょっと動いただけでピントが外れてしまうが、2メートル離れると14.2センチ、3メートルで32センチ、4メートルで57.1センチという被写界深度。少し離れるといわゆる「標準レンズの使い勝手」となる。
作例は、最短撮影距離の50センチで、高さ6センチあまりの小さな石膏像を撮影してみた。着色した石膏像周辺のボケ方も非常に滑らかで、F1.2とは思えない自然さだ。

この辺りの味付けは絶妙です。そのためあまり神経質にならずに、F1.2という大口径レンズを動画でも、もちろん4Kでも使用できるようなコンセプトで仕上げられていると感じました。開放でもしっかりした描写をして周辺光量低下、軸上色収差、球面収差、解像感落ち、パープルフリンジ、コマ収差共に非常に少なく、点が点に写り、高い解像感を維持しているので、躊躇することなく開放から使用できます。

F1.2を恒常的に使用できるということは、F2.8と比較して「2と1/3段明るい」ということ。これはISO1600に対してISO8000まで増感したのと同じ効果と言えます。F1.2、1/30s、ISO1600は現実的に暗いシーンでの動画撮影の必要十分条件をカバーし、マイクロフォーサーズ機であっても夕暮れのロケなどでも、補助光程度で撮影できるのは大きな魅力なのです。




※この記事はコマーシャル・フォト2018年7月号から転載しています。


PhotoEDGE600px.png

鹿野宏 Hiroshi Shikano

デジタルカメラの黎明期からほとんどの一眼レフタイプのデジタルカメラを遍歴。電塾運営委員としてデジタルフォトに関する数多くのセミナーを開催。カラーマネージメントセミナーも多い。写真撮影では2億画素の巨大な画像を扱い、2009年から動画撮影をスタート。WEB上の動画、デジタルサイネージ、社内教育用などの「ミニマル動画」を中心に活動している。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン