液晶モニターQ&A

Q10 デスクトップの絵柄は何を使ったらよいでしょうか?

小島勉

Q9で「モニター周りはなるべく無彩色なものにする」と書きましたが、コンピュータのデスクトップも同じです。画像の色を正確に扱うためには、画像以外の影響を抑えるために、デスクトップは無彩色(グレー)で統一したほうがベストです。

Mac OS Xでは、システム環境設定の「デスクトップとスクリーンセーバー」から「Solid Gray Dark」または「Solid Gray Medium」を選べますが、Photoshopを使って自分でデスクトップピクチャを作成してもよいでしょう。

img_products_eizo_qa10_1.jpg
Mac OS X Leopardの「デスクトップとスクリーンセーバー」設定画面。

img_products_eizo_qa10_2.jpg
Solid Gray DarkのデスクトップピクチャをPhotoshopで開くとRGB各76、Solid Gray MediumはRGB各128のグレー。

Windowsの場合は、RGB各128のグレーが用意されていますので、それを選択してもよいですね(画面はWindows XP)。

img_products_eizo_qa10_3.jpg

私は仕事柄Mac OS Xを使用していますが、デスクトップは自作のものを使用しています。モニターをいつも同じ位置で見られるように、十字の基線が入ったものです。縦線はモニターのセンター、横線はモニターの上から1/3のところに入っています。このような自作のデスクトップも有効ではないかと思います。

img_products_eizo_qa10_4.jpg

写真:小島勉

小島勉 Tsutomu Kojima

株式会社トッパングラフィックコミュニケーションズGA本部 GA部所属、インクジェットによるアートプリント制作(プリマグラフィ)のチーフディレクター。1987年、旧・株式会社トッパンプロセスGA部入社。サイテックス社の画像処理システムを使った商業印刷物をメインとしたレタッチに従事。1998年よりインクジェットによるアート製作(プリマグラフィ)を担当し現在に至る。イラスト、写真、CGなど、様々なジャンルのアート表現に携わっている。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン