新製品ニュース

EOS Rシステムの大口径広角・標準ズームレンズ2機種を発売

参考価格:各275,000円(税別) / 9月下旬発売

キヤノン RF15-35mm F2.8 L IS USM/RF24-70mm F2.8 L IS USM

主な特長

  • ズーム全域で開放F値2.8
  • 最大5段分の手ブレ補正効果
  • フレアやゴーストを低減する特殊コーティング
newproduct_20190828_canonrf15_35.jpgRF15-35mm F2.8 L IS USM

newproduct_20190828_canonrf24_70.jpgRF24-70mm F2.8 L IS USM


キヤノンは、「RFレンズ」の新製品として、大口径広角ズームレンズ「RF15-35mm F2.8 L IS USM」、大口径標準ズームレンズ「RF24-70mm F2.8 L IS USM」の2機種を発売する。ともに「L(Luxury)」レンズに属し、「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスを採用。シャッタースピード換算で5段分の効果を持つ「IS(Image Stabilizer)=手ブレ補正機構」と、独自開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載している。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は、現行のEFレンズと比較して焦点距離が1mm広角化し、建築や風景などにおいて、被写体から遠く離れずに撮影することや、遠近感を強調した写真表現が可能。さらに、3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と2枚の「UDレンズ」を含む12群16枚の光学設計により諸収差を低減している。

「RF24-70mm F2.8 L IS USM」は、広角から中望遠までをカバーし、スナップから風景、ポートレイト、動画撮影など多様な撮影シーンに対応可能な常用標準ズームレンズ。3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と3枚の「UDレンズ」を含む15群21枚の光学設計により、ズーム全域での高画質を実現した。

[RF15-35mm F2.8 L IS USM]レンズ構成:12群16枚 / 画角(水平・垂直・対角線):100°25′~54°・77°20′~38°・110°30′~63° / 絞り羽根枚数:9枚 / 最小絞り:F22 / 最短撮影距離:0.28m / 最大倍率:0.21倍(35mm時) / 最大径:約88.5mm / 全長:約126.8mm / 質量:約840g
[RF24-70mm F2.8 L IS USM]レンズ構成:15群21枚 / 画角(水平・垂直・対角線):74°~29°・53°~19°30′・84°~34° / 絞り羽根枚数:9枚 / 最小絞り:F22 / 最短撮影距離:0.21m / 最大倍率:0.30倍(32mm時) / 最大径:約88.5mm / 全長:約125.7mm / 質量:約900g

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン