新製品ニュース

アドビ、Adobe MAX 2019にて主要アプリのメジャーアップデートを発表

Adobe Photoshop iPad版を正式リリース

newproduct_20191105_adobe_01.jpg

アドビは、11月5日からロサンゼルスで開催の「Adobe MAX 2019」にて、主要アプリのメジャーアップデートを発表した。マルチデバイスでいつでもどこでも、誰とでもクリエイティブの制作が可能とすべく、モバイル対応やクラウド対応などを強化。さらに新たな製品として、Adobe Photoshop iPad版、Microsoft Surfaceに対応したAdobe Frescoを正式にリリースするとともに、Adobe Illustrator iPad版、そしてさまざまなエフェクトをリアルタイムで試せるカメラアプリPhotoshop Cameraの発表とプレビューを行なった。

Adobe Photoshop iPad版

MAX 2018でプレビュー公開されたiPad版Photoshopが、今回正式リリースとなった。デスクトップで使い慣れたユーザインターフェイスを使用して、デスクトップからも使用できるクラウドドキュメントへアクセス。画像合成および修正ツールなど、多数のレイヤーを持ったPSDファイルと完全互換、デバイスを問わないパワーと性能を発揮する。

newproduct_20191105_adobe_02.jpgPhotoshop iPad版で背景の海中写真に切り抜いたウミガメを合成。レイヤーごとに色調補正も可能

Photoshop デスクトップ版

バージョン21.0.0。クラウドドキュメントに対応。クラウドに保存されたファイルには、ホーム画面の「クラウドドキュメント」の項目からアクセスできるので、Mac、Windows、iPadいずれのデバイスからもシームレスに作業を行なうことができる。

強化された機能としては、選択した範囲内のオブジェクトをAdobe Senseiが判断して選択範囲を作る「オブジェクト選択ツール」、グリッドやコントロールポイントを細かく制御して変形が可能な「ワープツール」など。また、スマートオブジェクトのレイヤー化、属性パネルの強化など、作業効率化のためのアップデートが加えられている。

newproduct_20191105_adobe_03.jpg「オブジェクト選択ツール」で右端2個のアイスクリームをざっくり選択した。背景のナッツは選択範囲に含まれなかった

Lightroom

バージョン3.0。ガイド付きチュートリアルが新たにデスクトップ版に搭載し、ホームに「チュートリアル」の項目が追加された、Lihtroom初心者や不慣れであってもとりあえず使いやすく、写真編集のインスピレーションを得るといった使い方もできる。新たに追加された機能である、パノラマ写真のエッジの塗りつぶしは、結合後に生じる上下の余白を、Photoshopに移動することなく自動的に塗りつぶしてくれる。

newproduct_20191105_adobe_04.jpg
newproduct_20191105_adobe_05.jpg球面法でパノラマ結合を実行(上)、「エッジを塗りつぶす」にチェックを入れると余白が塗りつぶされた

Creative Cloudデスクトップアプリのアップデートは、Creative Cloud契約者であればすでにダウンロードが可能。Adobe Photoshop iPad版は、Photoshopが含まれる全てのCreative Cloudメンバーが利用できる。Apple App Storeからも購入可能。

お問い合わせ先:アドビ


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

白鳥真太郎広告写真館トークイベント

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

Inter BEE 2019

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン