新製品ニュース

4000万画素のモノクロ撮影専用撮像素子を搭載

オンラインストア価格 税込1,155,000円 / 1月25日発売予定

ライカ M10モノクローム

主な特長

  • カラーフィルターを省いた4000万画素の高精細センサー
  • ISO感度域はISO160~100,000

newproduct_20200120_leicam10mono_I.jpg

ライカカメラは、モノクローム撮影専用レンジファインダー式デジタルカメラの次世代モデル「ライカ M10モノクローム」を発売する。新開発の4000万画素のモノクロ撮影専用撮像素子を搭載。光の状況を問わずシャープな描写で、高精細に細部まで表現できる。また、モノクロ撮影専用のデジタルレンジファインダーカメラとしては初めて、ISO160~100000の感度域を実現した。

基本的な仕様と操作性は「ライカM10-P」と同様。シャッターは、ほぼ無音と言えるほどに静音性を高めている。「ライカMモノクローム」よりも4mmほど薄いサイズを実現した。

有効画素数:4089万画素 / 記録メディア:SD(2GBまで)・SDHC(32GBまで)・SDXC(2TBまで)メモリーカード / ISO感度:ISO160~100000相当(ISO160から1/3段ステップ)、自動またはマニュアル設定 / 外寸:約139×38.5×80mm / 質量:約660g(バッテリー含む)

お問い合わせ先:ライカカメラジャパン(info@leica-camera.co.jp)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

VIDEO SALON主催のオンラインセミナー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン