新製品ニュース

速度、精度ともに進化したAFと高速連写を持つXシリーズ最新鋭機

オープンプライス / 4月発売予定

富士フイルム FUJIFILM X-T4

主な特長

  • 最大6.5段のボディ内手ブレ補正機構を搭載
  • 15コマ/秒の高速連写が可能
  • 4K/60p 10bitでのカメラ内SDカード記録が可能
  • 約500枚の連続撮影が可能な大容量バッテリー搭載

newproduct_20200228_fujixt4_I.jpg

富士フイルムは、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」のフラグシップモデルとして「FUJIFILM X-T4」を発売する。「X-Tシリーズ」のコンセプトである小型軽量を踏襲しながら、シリーズ初となるボディ内手ブレ補正機構を搭載。高度な検出精度のジャイロセンサーと、シャッター時の微振動を抑制する衝撃吸収機構などを採用することで、5軸最大6.5段の手ブレ補正効果を発揮。また、新開発の大容量バッテリーを備えることで、約500枚の連続撮影が可能。

シャッターには、新開発の超高速フォーカルプレーンシャッターを採用し、高性能なモーターによりシャッターを駆動させることで15コマ/秒の高速連写を実現。さらに、AF性能を改善することで、最高約0.02秒の高速AFも実現している。

動画機能では、4K/60p 10bitでのカメラ内SDカード記録が可能。また、ボディ内手ブレ補正に加え、動画時に使用できる電子式の防振機能も搭載し、手持ちでの動画撮影で強力な補正を発揮する。

富士フイルム独自の色再現技術により、多彩な色・階調表現が可能な「フィルムシミュレーション」に、「ETERNA ブリーチバイパス」モードが追加された。フィルムの現像方法「銀残し」を施したような、低彩度・高コントラストで重厚感のある写真・動画撮影ができる。

有効画素数:約2610万画素 / 記録メディア:SD(~2GB)・SDHC(~32GB)・SDXC(~512GB)メモリーカード(UHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ対応、ビデオスピードクラスV90対応) / ISO感度:AUTO1・AUTO2・AUTO3(ISO12800まで設定可能)・ISO160~12800(1/3段ステップ)(標準出力感度)、拡張感度設定ISO80・100・125・25600・51200 / ファインダー:0.5型有機ELファインダー / 液晶モニター:3.0型バリアングル式タッチパネル付きTFTカラー / ボディカラー:シルバー、ブラック / 外寸:134.6×92.8×63.8mm / 質量:約526g(バッテリー、 SDメモリーカード含まず)

お問い合わせ先:富士フイルムデジタルカメラサポートセンター(050-3786-1060)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン