新製品ニュース

最高ISO409600、高精細4K120p動画など撮影性能と機動性を強化

市場推定価格 410,000円前後(税別) / 10月9日発売(予約販売8月4日開始)

ソニー α7S III

主な特長

  • 最高120fps(4K)のハイフレームレート撮影
  • 低ノイズ、滑らかな階調表現など基本画質性能の進化
  • 16-bit RAW映像出力に対応
  • 動画と静止画のハイブリッド撮影時に役立つフォーカス性能
  • 手ブレ補正アクティブモード搭載

newproduct_20200730_sonya7s3_I.jpg

ソニーは、映像クリエイター向けフルサイズミラーレス一眼カメラ 「α7S III」を発売する。新開発の35mmフルサイズ有効約1210万画素裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rや、従来比約8倍の処理性能をもつ新開発の画像処理エンジンBIONZ XRを搭載。静止画・動画ともに幅広い感度域でノイズの発生を抑える。また、15+ストップのダイナミックレンジにより、明暗差の大きい環境でも豊かな階調の質感表現が可能になった。

動画撮影では、画素加算なしの全画素読み出しによる4K120p、4:2:2 10bit記録にαシリーズとして初めて対応し、最大5倍の4Kスローモーションの映像を撮影することができる。

ほかにも、α7Sシリーズ初の像面位相差AFシステム搭載、リアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングにも対応。動画専用の光学式5軸ボディ内手ブレ補正アクティブモードをαシリーズとして初めて搭載した。

有効画素数:約1210万画素 / 記録メディア:SD・SDHC(UHS-I/II対応)・SDXC(UHS-I/II対応)メモリーカード、CFexpress Type Aカード / 静止画ISO感度:ISO80-102400(拡張 下限ISO40、上限ISO409600)、AUTO(ISO80-12800、上限/下限設定可能) / 動画ISO感度:ISO80-102400相当(拡張 上限ISO409600相当)、AUTO(ISO80-12800相当、上限/下限設定可能) / 液晶モニタ:バリアングル3.0型TFT / 外寸:約128.9×96.9×80.8mm / 質量:約614g(本体のみ)

お問い合わせ先:ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口(0120-777-886)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

VIDEO SALON主催のオンラインセミナー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン