新製品ニュース

Z 7II/Z 6II ファームウェアアップデート|動画撮影の多様なワークフローをサポート

2月25日公開

ニコン Z 7II/Z 6II用ファームウェア Ver. 1.10

主な特長

  • 4K UHD/60pに対応(Z 6II)
  • 瞳AFにおいて瞳検出の性能が向上
  • Blackmagic Designの外部レコーダーへのRAW動画出力に対応

newproduct_20210218_nikonz7II_I.jpg

ニコンは、フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 7II」「ニコン Z 6II」のファームウェアVer. 1.10を2月25日15時に公開する。

ファームウェアVer. 1.10では「Z 6II」の動画撮影において、4K UHD/60pに対応。「Z 7II」「Z 6II」の瞳AFでは、瞳検出の性能が向上する。また、Blackmagic Design社製の外部レコーダー「Blackmagic Video Assist 5" 12G HDR」「Blackmagic Video Assist 7" 12G HDR」へのRAW動画出力に対応する予定。

RAW動画出力の設定は有償対応。ニコン修理センターへ送付、またはニコンプラザ、サービスセンターへ持ち込むと、有償にてRAW動画出力の設定が行なわれる。料金は税込33,000円。送付の場合の往復送料はユーザー負担となる。

さらに、Atomos社製の外部レコーダー「NINJA V」で記録したProRes RAW動画について、Apple社のFinal Cut Proバージョン10.4.9以降で追加されたISO設定、色温度の調整に対応。動画撮影の多様なワークフローをサポートし、プロフェッショナルの映像制作ニーズに応える。


お問い合わせ先:ニコンカスタマーサポートセンター(0570-02-8000)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン