新製品ニュース

PhotoshopがM1搭載Macにネイティブ対応|Adobeフォト製品アップデート

Adobe Creative Cloud フォト製品アップデート

主な特長

  • PhotoshopがM1チップ(Appleシリコン)搭載Macでネイティブに動作
  • Photoshop iPad版クラウドドキュメントのバージョン履歴のサポート
  • Photoshop iPad版クラウドドキュメントのオフライン作業対応
  • Adobe Camera Rawプラグインの「スーパー解像度」機能

newproduct_20210312_adobeps_1_I.jpg

アドビは、Adobe Creative Cloudのフォト製品のアップデートを行った。新しいM1チップ(Appleシリコン)搭載Macでネイティブに動作するPhotoshopの最初のバージョン。ファイルの開封や保存、フィルターの適用をはじめ、コンテンツに応じた塗りつぶし、被写体の選択など負荷の高い操作を含む多くの部分で、同様に構成された前世代のシステムでの平均パフォーマンスが約1.5倍向上、高速化した。

ただし、クラウド上での「編集に招待」や「プリセットの同期」のような、最近加わった新機能の一部はM1ネイティブで動作しない。これらの機能が欠かせない場合は、公式ビルドへの移植が完了するまで、Rosetta 2エミュレーション環境に切り替えての使用を推奨している。

newproduct_20210312_adobeps_2_I.jpg

Photoshop iPad版には、クラウドドキュメントのバージョン履歴のサポートと、クラウドドキュメントのオフライン作業対応という新機能が追加された。クラウドドキュメントはすべて自動保存されるが、内部的には保存のたびにバージョン履歴も記録される。今回の新機能により、この履歴を最大60日まで遡って確認し、任意のバージョンに復帰できるようになった。また、任意のクラウドドキュメントを、オフラインでも作業できるようにローカル保存することも可能だ。

PhotoshopのAdobe Camera Rawプラグインには、新しい「スーパー解像度」機能をリリース。近日中に、LightroomとLightroom Classicからも利用可能になる。写真を単純に拡大処理するとディテールがぼやけるが、スーパー解像度技術では、高度な機械学習モデルを使い、クリーンなエッジと重要なディテールを保持しながら写真を拡大。グラフィックカード(GPU)を活用するので、処理速度も高速に行われる。


お問い合わせ先:アドビ


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン