新製品ニュース

最大撮影倍率1.4倍マクロ撮影と自由なボケ描写を実現

参考価格 税込181,500円 / 7月下旬発売

キヤノン RF100mm F2.8 L MACRO IS USM

主な特長

  • 最大撮影倍率1.4倍、最短撮影距離0.26mのマクロ撮影
  • 球面収差を変化させることができるSAコントロールリング
  • 諸収差を低減する新規光学設計と手ブレ補正機構

newproduct_20210415_canonrf100_I.jpg

キヤノンは、RFレンズの中望遠単焦点レンズ「RF100mm F2.8 L MACRO IS USM」を発売する。RFマウントの特長のひとつであるショートバックフォーカスを生かし、最大撮影倍率1.4倍、最短撮影距離0.26mのマクロ撮影を実現。また、球面収差を変化させることができる「SA コントロールリング」を採用し、リングを回転するだけで、フォーカス位置の輪郭を柔らかくしたり、フォーカス位置の前後のボケを変化させることができる。

新規光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、画面全域で高画質な描写を実現。「EOS R5」装着時は、ボディ内の手ブレ補正機構と協調制御することで、静止画撮影時に8.0 段の手ブレ補正効果を実現し、動画撮影時も高い手ブレ補正効果が得られる。

レンズ構成:13群17枚 / 画角(水平・垂直・対角線):20°00′・14°00′・24°00′ / 絞り羽根枚数:9枚 / 最小絞り:F32 / 最短撮影距離:0.26m / 最大倍率:1.4倍 / 最大径:約81.5mm / 全長:約148mm / 質量:約730g

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(0570-08-0002)


関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン