新製品ニュース

ラージフォーマットセンサー搭載「GFXシリーズ」新ミラーレス

オープン価格 / 9月29日発売

富士フイルム GFX50S II

主な特長

  • 有効約5,140万画素のラージフォーマットセンサー
  • 5軸・最大6.5段のボディ内手ブレ補正機構
  • ピクセルシフトマルチショットを搭載

newproduct_20210902_gfx50s_I.jpg

富士フイルムは、ミラーレス一眼「GFXシリーズ」の最新モデル「FUJIFILM GFX50S II」を発売する。センサーサイズは「GFX50S」と同じく有効約5,140万画素のラージフォーマットセンサー。富士フイルムならではのフィルムシミュレーションも搭載し、被写体やシーンに合わせて、多彩な色調表現を楽しめる。

本体は、各種デバイスの配置を最適化することで質量約900g、高さ約104mm、奥行約87mmの小型軽量ボディを実現。「GFX50S」から進化した点として、5軸・最大6.5段のボディ内手ブレ補正機構を搭載したほか、画像処理エンジンに「X-Processor 4」を採用。最新アルゴリズムとの組み合わせにより、素早く正確なAFが可能になった。また、「顔・瞳検出AF」の精度も向上している。

4倍の解像力と忠実な色再現による撮影が可能な「ピクセルシフトマルチショット」機能も新たに搭載。絵画や遺跡などの色や質感を、約2億画素の超高精細な画像で再現することができるため、デジタルアーカイブ用途にも使用できる。

対応マウント:Gマウント / 撮像素子:5,140万画素ラージフォーマットセンサー / 寸法:高さ約104×奥行約87mm / 質量:約900g

お問い合わせ先:富士フイルムデジタルカメラサポートセンター(0570-04-1060)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

コマーシャル・フォト最新号

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • PhotoshopNavi
  • 最先端の現場+α ソニーα制作事例
  • 一眼ムービーなんて怖くない!
  • Still Life Imaging -素晴らしき物撮影の世界-

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン