新製品ニュース

世界最小、最軽量の4Kレーザープロジェクター「4K600STZ」「4K501ST」が登場

オープンプライス
4K600STZ:2017年4月上旬発売 / 4K501ST:2016年11月15日発売

キヤノン 4K600STZ・4K501ST

主な特長

  • 4Kレーザー(ランプ)プロジェクターで世界最小。最軽量
  • 4,096×2,400画素のLCOSパネルを採用
newproduct_20161116_canon4k600Stz_I.jpg4K600STZ
newproduct_20161116_canon4k501St_I.jpg4K501ST


キヤノンから「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、4096×2400画素の高解像度LCOS(エルコス)パネルを搭載した「4K600STZ」、「4K501ST」が発売される。「4K600STZ」は、4K対応レーザー光源プロジェクターとして世界最小最軽量、「4K501ST」は、4K対応ランプ光源プロジェクターとして世界最小となる。大きさ、重さをカットすることで、多様な設置環境への対応が実現された。いずれも高輝度で高画質な映像を40型~600型の投映が可能。また、「4K600STZS」は無線LANも搭載する。

[4K600STZ]
画素数:4096×2400 / 光源:青色レーザーダイオード+黄色蛍光体 / 画面サイズ:最小40型~最大600型(17:10) / 明るさ:6000lm / コントラスト比:4000:1(ネイティブ) / スピーカー:5W / 最大入力解像度:4096×2400ドット / 寸法:559×201×624mm / 質量:約26kg
[4K501ST]
画素数:4096×2400 / 光源:400Wランプ光源 / 画面サイズ:最小40型~最大600型(17:10) / 明るさ:5000lm / コントラスト比:3000:1(ネイティブ) / スピーカー:5W / 最大入力解像度:4096×2400ドット / 寸法:470×175×533.5mm / 質量:約18kg

お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

2人が語る、先進ハイブリッドアコードの魅力

一眼ムービーが演出の幅を広げる 映像演出家「スミス」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン