新製品ニュース

中判サイズの大型イメージセンサーを搭載したハイエンドミラーレス

オープンプライス / 2月下旬発売

富士フイルム FUJIFILM GFX 50S

主な特長

  • 中判サイズの5140万画素CMOSセンサーと画像処理エンジン「X Processor Pro」を搭載
  • マグネシウム合金を使用した小型軽量の高剛性ボディ
  • 369万ドット有機EL電子ビューファインダー(EVF)採用
  • 大口径「Gマウント」と超高解像を実現する「GFレンズ」を新開発

newproduct_20170119_fujifilmGfx50s_I.jpg

富士フイルムは、中判サイズ(43.8×32.9mm)の「FUJIFILM Gフォーマット」イメージセンサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」を発売する。有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X Processor Pro」、「GFレンズ」との組み合わせで高画質を実現。マグネシウム合金を使用した高剛性ボディは小型軽量で、標準レンズ「GF63mmF2.8 R WR」と組み合わせても約1230g と、中判サイズセンサー搭載機の約60%、35mmフルサイズセンサー搭載機とほぼ同等の重量を実現している。

また、マウント径65mmの大口径、26.7mmと短いフランジバックの専用マウント「Gマウント」を新開発。標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」(税別195,000円)、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」(税別299,500円)、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」(税別349,500円)の3種を発売する。

有効画素数:約5140万画素 / 記録メディア:SD(~2GB)・SDHC(~32GB)・SDXCメモリーカード(~256GB) UHS-I/UHS-Ⅱ対応 / ISO感度:AUTO(ISO12800まで設定可能)・ISO100~12800(1/3ステップ)(標準出力感度)、拡張感度設定ISO50・25600・51200・102400 / 液晶モニター:3.2型タッチパネル式3方向チルトTFTカラー / ファインダー:0.5型有機ELファインダー / 外寸:147.5×94.2×91.4mm / 質量:約740g(バッテリー、メモリーカード含まず)

お問い合わせ先:お客様コミュニケーションセンター(050-3786-1060)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

プロに教わるポートレイト・レタッチ

COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン