新製品ニュース

最高20コマ/秒の連写を実現した「α9」

市場推定価格500,000円前後(税別) / 5月26日発売

ソニー α9

主な特長

  • 最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能
  • 最大60回/秒の演算を行うAE/AF追従

newproduct_20170426_sonyalfa9_I.jpg

ソニーはαシリーズの最新モデル「α9」を発売する。フルサイズセンサーとして世界初の積層構造を採用した有効画素数2,420万画素の新型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載。高速信号処理回路が大幅に拡張され、その出力信号を内蔵メモリーに一時保管することで、信号を滞らせることなく処理できる。

画像処理エンジン「BIONZ X」も従来比約1.8倍に高速化。これにより、最高20コマ/秒のブラックアウトフリー(連続撮影中もブラックアウトしない)連続撮影が可能となった。

また、最高1/32000秒の動体歪みを極限まで抑えるアンチディストーションシャッターや最大60回/秒の演算を行うAE/AF追従など、高速撮影に対応する機能が搭載されている。

手ブレ補正は、センサーシフト式の5軸手ブレ補正を搭載。最大補正効果は5段分となっている。4K動画記録は画素加算のない全画素読み出しにより、6K相当の情報量から4K映像を出力する。連続記録は約29分まで。

マウント:ソニーEマウント / 撮像素子:35mmフルサイズ(35.6×23.8mm)、Exmor RS CMOSセンサー / 有効画素数:約2420万画素 / シャッター速度範囲:<静止画・単写>メカシャッター時1/8000-30秒、バルブ・オート時1/32000-30秒、バルブ・電子シャッター時:1/32000-30秒<静止画・連写>メカシャッター時:1/8000-30秒・オート時1/32000-1/8秒・電子シャッター時1/32000-1/8秒、<動画>1/8000-1/4(1/3 ステップ)、AUTO 1/60 まで、オートスローシャッター1/30まで / 動画記録方式:XAVC S、AVCHD規格Ver.2.0 準拠、MP4 / フォーカス検出方式:ファストハイブリッド AF(位相差検出方式/コントラスト検出方式) / 手ブレ補正:イメージセンサーシフト方式5軸補正 / 質量:約588g(本体のみ) / 外寸:約126.9×95.6×63.0mm(突起部を除く)

お問い合わせ先:ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口(0120-777-886)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

αの「強さ」そして「優しさ」 フォトグラファー「西村彩子」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン