新製品ニュース

富士フイルムがGFレンズ初の望遠レンズを発売

443,500円(税別) / 5月下旬発売予定

富士フイルム フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR

主な特長

  • GFレンズ初の望遠レンズ
  • 開放F値4.0で198mm相当(35mm判換算)の焦点距離
  • 最短撮影距離1.4m、最大撮影倍率0.22倍
  • フォーカスプリセット機能搭載

newproduct_20180426_fuji_GF250mmF4_R_LM_OIS_WR_I.jpg

富士フイルムは、中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズ「GFレンズ」のラインアップとして、「フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR」を発売する。

開放F値4.0で198mm相当(35mm判換算)の焦点距離を持つ、「GFレンズ」初の望遠レンズとなっている。レンズ構成は、スーパーEDレンズ1枚とEDレンズ2枚を含む10群16枚構成。フォーカスレンズにスーパーEDレンズを採用することで、撮影距離による収差変動を抑制。最短1.4mまでの近接撮影を可能にし、最大撮影倍率0.22倍を実現している。手ブレ補正は、CIPA準拠で5.0段分を発揮。

また、SETボタンであらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動できるフォーカスプリセット機能や、ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッターを採用している。レンズ鏡筒の先端部には、フォーカスコントロールボタンが配置されている。フォーカスセレクトスイッチで好みの機能を割り当てることが可能。

焦点距離を1.4倍に拡大するテレコンバーター「フジノンテレコンバーター GF1.4X TC WR」と、高い撮影倍率でマクロ撮影が可能なアクセサリーとしてマクロエクステンションチューブ「MCEX-18G WR」、「MCEX-45G WR」も同時に発売する。

対応マウント:Gマウント / 焦点距離:250mm / 明るさ:F4 / レンズ構成:10群16枚 / 寸法:φ約108×203.5mm / 質量:約1,425g

お問い合わせ先:富士フイルム FinePixサポートセンター(050-3786-1060)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン