新製品ニュース

EDIUS Workgroup 9.2にColorEdgeのカラーモード・コントロール機能を搭載

EIZO、グラスバレーとの協業により映像編集作業を効率化

newproduct_20180517_eizocg4k_I.jpg

EIZOは、グラスバレーとの協業により、映像編集作業の効率を向上させる仕組みを実現させた。カラーマネージメント液晶モニターColorEdge 4Kモデルが、HDR編集機能を強化したノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS Workgroup 9」の最新バージョンと連携して動作するという。

グラスバレーは、EIZOから提供されたColorEdgeのSDK(ソフトウェア開発キット)を活用し、「EDIUS Workgroup 9」のVersion 9.2に、ColorEdgeのカラーモードをコントロールする「モニターコントロール機能」を搭載。EDIUS Workgroup 9のプロジェクト設定でカラースペースを選択すると、ColorEdgeの表示設定が自動的に同期し、関連付けられたカラーモードに自動で切り替わるようになった。これにより、カラーモード切り替えにかかる手間と時間を削減し、設定の切り替え忘れも回避できる。

対象となるColorEdgeは、HDR表示に対応したカラーモードを搭載しているため、SDR/HDRコンテンツの混在編集にも有効だ。

[対象機種]
ColorEdge PROMINENCE CG3145 / ColorEdge CG319X(対応予定) / ColorEdge CG318-4K / ColorEdge CG248-4K
お問い合わせ先:EIZO 営業1部コーポレートソリューション営業課(03-5764-3401)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン