新製品ニュース

富士フイルム「FUJIFILM X-T3」 Xシリーズの第4世代が登場

税別184,500円 / 9月20日発売

PhotoEDGE600px.png

富士フイルム FUJIFILM X-T3

主な特長

  • 新センサー「X-Trans CMOS 4」と新プロセッサー「X-Processor 4」搭載
  • 4K/60P 10bit記録が可能
  • 低照度下の動体追従AF性能を改善


newproduct_20180906_fujifilm_x-t3_I.jpg


富士フイルムは、ミラーレスデジタルカメラXシリーズの新モデル「FUJIFILM X-T3」を発売する。センサー&プロセッサーが刷新され第4世代となっている。

新開発のAPS-Cサイズセンサー「X-Trans CMOS 4」は、2610万画素、ローパスフィルターレスとなっており、Xシリーズ発の裏面照射型構造を採用している。さらに、従来は拡張感度であったISO160が常用感度になっている。また、位相差画素数を216万画素に増加し、像面位相差AFエリアを画面全体に拡大。合わせて、位相差AFの低照度限界を-3EVへと拡張させている。

新プロセッサーの「X-Processor 4」は、4つのCPUを搭載することで静止画撮影におけるAFの精度・スピードの向上はもちろん、動画撮影においては、APS-Cセンサー搭載ミラーレスカメラで世界初の4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録と、4K/60P 4:2:2 10bitのHDMI出力を実現した(同時出力可能)。動画圧縮方式では、ALL-IntraとLong GOPが選択可能。センサーの読み出しも高速化され、4K/60Pでは約17msecとなる。新なノイズリダクション処理と新機能「4Kフレーム間NR」の採用により、ISO12800でのノイズを従来機から約2段分改善している。

2018年中にファームウェアアップデートを行なう予定で、ハイブリッドログガンマ方式での動画撮影と「フィルムシュミレーション映像/F-Log同時出力」に対応するという。

マウント:Xマウント / 撮像素子:APS-Cサイズ X-Trans CMOS 4センサー、原色フィルター採用 / 有効画素数:約2610万画素 / 寸法:132.5×92.8×58.8mm / 質量:約539g(バッテリー、SDカード含む)

お問い合わせ先:FinePixサポートセンター(050-3786-1060)

PhotoEDGE600px.png

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン