新製品ニュース

キヤノン、EOS Rシステムのミラーレスカメラ用RFレンズ6機種の開発を発表

価格未定 / 2019年中発売予定

newproduct_20190220_canon-newlens_l.jpg

キヤノンは、RFマウントを採用する交換レンズ「RFレンズ」6機種の開発を進めていると発表した。すでに発売されている4機種に加え、レンズラインアップを拡充することによりEOS Rシステムをさらに強化していくという。各機種とも価格は未定、2019年中の発売を予定している。

ズーム全域で開放F値2.8の大口径ズームレンズ3機種

描写性能や操作性、堅牢性などで最高水準の性能のL(Luxury)レンズ「F2.8 L ISズームレンズシリーズ」3機種を開発中。広角、標準、望遠の幅広い画角をカバーする。大口径マウントとショートバックフォーカスというRFマウントの特長を生かし手ブレ補正機構(IS / Image Stabilizer)を搭載するなど「高画質・ハイスペック・コンパクト」を追求するとしている。

RF15-35mm F2.8 L IS USM

newproduct_20190220_canon-rf15-35_f2.8l_I.jpg

RF24-70mm F2.8 L IS USM

newproduct_20190220_canon-rf24-70_f2.8l_I.jpg

RF70-200mm F2.8 L IS USM

newproduct_20190220_canon-rf70-200_f2.8l_I.jpg


開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ2機種

卓越した光学性能を備え、高画質を追求した開放F値1.2の大口径中望遠単焦点レンズ2機種を開発中。絞り開放から大きくて美しいボケ表現が楽しめる。先述の大口径ズームレンズ3機種と同じく最高水準であるLレンズとしてラインアップされる。

RF85mm F1.2 L USM

newproduct_20190220_canon-rf85_f1.2_I.jpg

RF85mm F1.2 L USM DS

newproduct_20190220_canon-rf85_f1.2_ds_I.jpg

RF85mm F1.2 L USM DSはキヤノン独自の蒸着技術により、ボケ像のエッジを滑らかにし、柔らかな独特のボケ描写「DS(Defocus Smoothing)効果」を持つ、ポートレート撮影に適したレンズとして開発中だ。


幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズ1機種

小型・軽量設計でありながら、広角24mmから望遠240mmという幅広い焦点距離をカバーする高倍率ズームレンズを開発中。写真撮影の他、動画撮影にも適した高倍率ズームレンズの実現を図る。

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

newproduct_20190220_canon-rf24-240_f4_I.jpg



お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン