新製品ニュース

「カット」ページが追加されたDaVinci Resolve 16、納期の短いハイエンド作業に対応

Blackmagic Design DaVinci Resolve 16

主な特長

  • DaVinci Neural Engine:AIおよびディープラーニング機能を搭載
  • デュアルタイムライン:ズームやスクロールなしで編集やトリムを実行
  • ソーステープモード:全クリップを単一テープのように確認
  • トリムインターフェース:編集点の両側を表示してトリム

newproduct_20190410_blackmagicdavinci16_I.jpg

Blackmagic Designは、アメリカで開催中のNAB 2019において「DaVinci Resolve 16」 を発表した。このメジャーアップデートでは「カット」ページを新たに追加し、テレビCMやニュース番組など、納期の短いハイエンドの作業に取り組むエディター用にデザインされている。

エディットページの代替ともなるカットページは、スリム化されたインターフェースに新ツールが搭載されスピーディな作業が可能。読み込み、編集、トリム、トランジションの追加、タイトルの作成、自動カラーマッチ、オーディオミキシングなど作業に必要なツールが1箇所にすべて備わっている。編集のスタイルに合わせてエディットページとカットページを編集中に切り変えることも可能だ。

さらに、エディター、カラリスト、VFXアーティスト、サウンドエンジニア用のその他の新機能も多数搭載。DaVinci Resolve 16パブリックベータは、Blackmagic Designウェブサイトからダウンロードできる。


お問い合わせ先:Blackmagic Design(03-5465-2102)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

プロフェッショナルのための写真&映像展示会Photo EDGE Tokyo 2019

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン