新製品ニュース

瞳AFの改善など EOS Rファームウエア第2弾提供開始

キヤノン EOS R機能向上ファームウエア 第2弾 Version 1.2.0

主な特長

  • 瞳AFでサーボAFが可能(静止画撮影時)
  • AFフレームサイズ「小」でサーボAFが可能(静止画撮影時)
  • 瞳AF、AFフレームサイズ「小」で動画サーボAFが可能(動画撮影時)

newproduct_20180905_canoneosr_I.jpg

キヤノンは、2018年10月に発売したミラーレスカメラ「EOS R」のファームウエア第2弾となる、Version 1.2.0のダウンロード提供を4月18日から開始した。

新ファームウエアでは、静止画撮影時の瞳AFでサーボAFが可能。AFフレームサイズ「小」でサーボAFができる。動画撮影時には瞳AF、AFフレームサイズ「小」で動画サーボAFができるようになった。同時に、ファインダー内の電子水準器表示の不具合などに対する修正も行なわれている。


お問い合わせ先:キヤノンお客様相談センター(050-555-90002)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン