新製品ニュース

有効約6100万画素の新開発35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載「α7R IV」

市場推定価格400,000円前後(税別) / 9月6日発売(予約販売7月23日開始)

ソニー α7R IV

主な特長

  • 新開発の有効約6100万画素イメージセンサーと最新の画像処理システム
  • 約2億4080万画素(19008×12672)の画像生成が可能なピクセルシフトマルチ撮影
  • 高速・高精度・高追従のAF性能と、AF/AE追従による最高約10コマ/秒の高速連写
  • 4K動画の本体内記録に対応

newproduct_20190717_sonyalfa7r4_I.jpg

ソニーは、レンズ交換式デジタル一眼カメラ「α7R IV」を発売する。新開発の有効約6100万画素CMOSイメージセンサーと、最新の画像処理エンジンBIONZ XおよびフロントエンドLSIを搭載。高い解像力と豊かな階調性能を実現しながら、最高ISO32000(拡張102400、静止画時)までの高い感度性能も備える。

カメラ内部の振動が生じないサイレント撮影機能や、最高5.5段ボディ内5軸手ブレ補正機能、ピントの山をつかみやすい約576万ドットUXGA OLED Tru-Finderなど、解像性能を最大限に引き出す基本性能を搭載している。

動画機能においては、4K動画の本体内記録に対応。4Kの記録フォーマットには、業務用映像制作に使用されているXAVCを民生用に拡張したXAVC Sを採用しており、最大100Mbpsの高ビットレートで高画質記録が可能だ。

有効画素数:約6100万画素 / 記録メディア:SD、SDHC(UHS-I/II対応)、SDXC(UHS-I/II対応)、microSD、microSDHC、microSDXCメモリーカード / 静止画ISO感度:ISO100~32000(拡張:下限ISO50、上限ISO102400)、AUTO(ISO100~12800、上限/下限設定可能) / 動画ISO感度:ISO100~32000相当、AUTO(ISO100~12800相当、上限/下限設定可能) / 液晶モニタ:3.0型TFTタッチパネル / 外寸:約128.9×96.4×77.5mm / 質量:約580g(本体のみ)

お問い合わせ先:ソニーマーケティング(株)買い物相談窓口(0120-777-886)

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

白鳥真太郎広告写真館トークイベント

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

プロ機材

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン