Final Cut Pro エフェクトの基本

エフェクト設定の基本と注意点

解説:斎賀和彦 作例映像:南雲暁彦(凸版印刷)

映像編集におけるエフェクトは、画面切り替えに使う「トランジション」エフェクトと、クリップそのものを加工するクリップエフェクト(Final Cut Proでは「フィルタ」と呼ぶ)のふたつに大別される。例えばディゾルブは時間の経過(省略)を表すなどの映像言語的意味を、フィルタも画のトーン統一の補正に加え、演出的意図を込めて使いこなせるように、基本的な操作と考え方を理解しよう。

エフェクトには「トランジション」と「フィルタ」がある

ビデオトランジション

クリップとクリップの境界線(編集点)に適用され、両方のクリップの切り替えを行なうのが「トランジション」。代表例:ディゾルブ、ワイプ、ページめくりなど。

img_soft_fcp_efect01_01.jpg
ビデオトランジション表示

「ディゾルブ」設定例▶

img_soft_fcp_efect01_02.jpg img_soft_fcp_efect01_03.jpg img_soft_fcp_efect01_04.jpg

ビデオフィルタ

クリップそのものに適用するエフェクトが「フィルタ」。クリップ単位でかけるのが一般的だが、部分的な適用も可能。代表例:ぼかし、色補正。合成時のクロマキー処理もフィルタで行なう。

img_soft_fcp_efect01_05.jpg
ビデオフィルタ表示
img_soft_fcp_efect01_06.jpg
「エンボス」設定例

img_soft_fcp_efect01_07.jpg
「セピア」設定例

トランジションの適用方法

img_soft_fcp_efect01_08.jpg 再生ヘッドをクリップとクリップの境界線(編集点)に置き、「エフェクト」メニュー>「ビデオトランジション」>から選ぶ(ここでは「ディゾルブ類」>「ディゾルブ」を適用した例)。

img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif
img_soft_fcp_efect01_09.jpg

適用方法①
いちいちメニュー階層を降りて適用するのは非効率的なので、「デフォルト」としてひとつのトランジションが登録可能。初期状態では、長さ30フレームの「ディゾルブ」が設定されているが、別のものに変更可能。

img_soft_fcp_efect01_10.jpg

摘用方法②
「ブラウザ」>「エフェクトタブ」>「ビデオトランジション」にあるトランジションアイコンをドラッグ&ドロップでタイムラインの編集点に乗せてもOK。

フィルタの適用方法

img_soft_fcp_efect01_11.jpg エフェクトをかけたいクリップを選択し、「エフェクト」メニュー>「ビデオフィルタ」>から選ぶ(ポインタを置くだけでもよいが後述の理由で選択することを推奨)。

img_soft_fcp_edit01_yajirushi03.gif
img_soft_fcp_efect01_12.jpg

適用方法①
「フィルタ」にはデフォルトフィルタという項目はないが、フィルタ適用後に最後に使ったフィルタを「よく使う項目」として登録させることが可能。

img_soft_fcp_efect01_13.jpg

適用方法②
「ブラウザ」>「エフェクトタブ」>「ビデオフィルタ」にあるフィルタアイコンをドラッグ&ドロップで、タイムラインのエフェクトをかけたいクリップの上に乗せる。

エフェクト適用時の注意点(よくやるミス)

ビデオトランジション適用時は再生ヘッドの位置に注意

img_soft_fcp_efect01_14.jpg
img_soft_fcp_edit01_yajirushi30_2.gif
img_soft_fcp_efect01_15.jpg

トランジション適用時には再生ヘッドが正確に編集点に乗っている必要がある。少しでもずれているとエフェクトはグレーアウトして選択できない。スナップ機能をオンにして再生ヘッドが編集点に吸着しやすくするか、「編集点へ移動」ボタンを使って正確に編集点を選ぶ。

img_soft_fcp_efect01_16.jpg
アクティブにならないメニュー表示。

ビデオフィルタ適用時はクリップを明示的に選択するクセをつける

[再生ヘッドが重なるクリップに適用]

img_soft_fcp_efect01_17.jpg フィルタ適用時には、(上の図のように)対象のクリップを選択しておくのが原則だが、クリップを選択していなくても(左図のように)再生ヘッドの置かれたクリップにフィルタが適用される。

[イン点/アウト点で指定した部分に適用]

img_soft_fcp_efect01_18.jpg ただし、クリップにイン点アウト点が打たれていると、再生ヘッドの位置にかかわらず、その間にフィルタが適用されてしまうのでミスが起きやすい(左図)。クリップが選択されているとインアウト点より優先されるので必ずクリップを選択する習慣を付けたい。


※この記事は「Final Cut Pro 実践講座」から抜粋しています。

おすすめ商品・アイテム

写真:Final Cut Pro 実践講座

玄光社MOOKFinal Cut Pro 実践講座

Final Cut Proを快適に使いこなすために、必要な機能だけを厳選し、分かりやすく解説。基本から応用、実践まで、ステップ バイ ステップでマスターできる。

定価2,499円(税込)

斎賀和彦 Kazuhiko Saika

CM企画/演出時代にノンリニア編集勃興期を迎える。現在は駿河台大学メディア情報学部、デジタルハリウッド大学院等で理論と実践の両面から映像を教えながら、写真、映像作品を制作。
ブログ http://mono-logue.air-nifty.com/
ツイッターアカウント http://twitter.com/SAIKA

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン