Photoshop CS5 の新機能

絵筆ブラシと混合ブラシツール

西山慧

Photoshop CS5ではブラシ関係の機能が大幅に強化された。絵筆のタッチを再現する「絵筆ブラシ」と、本物の絵の具のように色を混ぜ合わせる「混合ブラシツール」がそれだ。リアルな写真を絵画調の画像に仕上げることが、簡単にできるようになったといえる。

本格的に「描く」ことができる絵筆ブラシ

丸筆のバリエーション
img_soft_pscs5_11_01.jpg

平筆のバリエーション
img_soft_pscs5_11_02.jpg

新しいブラシのバリエーションとして「絵筆ブラシ」が登場した。丸筆5種類・平筆5種類の合計10種類で、今後、Photoshopがペイントソフトとしての機能を拡充していこうとする意気込みが感じられる。

単体のペイントツールとしてはもちろんだが、次項で紹介する「混合ブラシ」との組み合わせで、写真そのものを絵画調に加工するのも面白い。

CS5で新たに追加されたブラシプリセットパネルからブラシの種類を選んだ後、パラメータをブラシパネルで細かく設定して使用する。

ブラシプリセットパネル
img_soft_pscs5_11_03.gif
ブラシパネル
img_soft_pscs5_11_04.gif

絵筆ブラシのプレビュー
img_soft_pscs5_11_05.png

画面左上の「絵筆ブラシのプレビュー」で、角度やブラシサイズ、力の強弱などがリアルタイムで表示される。このプレビューはパネル下部の「絵筆ブラシのプレビューの表示切り換え」で表示をON/OFFできる。

混合ブラシツールで色やテクスチャーを混ぜる

img_soft_pscs5_11_08.jpg

「混合ブラシツール」は、なぞったところの色やテクスチャーが混ざりあっていく機能をもったブラシ。設定の仕方によって様々な手法で使える、大きな可能性を感じさせてくれるブラシだ。

①元の画像
img_soft_pscs5_11_06.jpg
②混合ブラシツールで左の絵をなぞった結果
img_soft_pscs5_11_07.jpg
img_soft_pscs5_11_09.gif img_soft_pscs5_11_10.gif


使い方は、大きく分けて2通りある。ひとつは、色を補充しない=元画像の色を活かす設定で使用するもの。もうひとつは色を設定し、補充しながら使用する=元画像に任意の色を加えていく場合に使用する方法だ。

色を補充せずに使用する場合は、元画像のテクスチャーだけを混ぜ合わせていく。下の作例にあるような車の残像を描いたり、肌の質感をなめらかにしたりすることができる。この場合の設定は、まず「現在のブラシに対する設定」で「ブラシを洗う」にしたあと、「各ストローク後にブラシにカラーを補充」のチェックをはずし、「各ストローク後にブラシを洗う」のチェックを入れて使用する。

色を補充しながら使用する場合は、「各ストローク後にブラシにカラーを補充」にチェックを入れ、「現在のブラシに対する設定」で「ブラシにカラーを補充」を選び、カラーピッカーから元画像に描き加えたい色を指定する。optionを押しながら画像の中の任意の箇所をクリックして色を指定することも可能。

「絵筆ブラシ」と「混合ブラシツール」を併用すれば、元の写真の色を活かしながら絵筆のタッチを加えられるので、あまり絵ごころがなくても、一番下の作例のような絵画調の写真を簡単に描くことができる。これは楽しい !

■混合ブラシツールでクルマの残像を描いた例(カラーの補充:しない)

img_soft_pscs5_11_12.jpg
img_soft_pscs5_11_13.jpg

img_soft_pscs5_11_14.jpg

ブラシの設定によっては、車のブレなどの残像感を簡単に描くことができる。色を補充しない設定にして、一定方向に手を動かして描く。残像の幅はブラシサイズで決定する。複数の幅で重ねていく方がきれいに仕上がる。また、にじみの数値が大きいと一筆の残像の回数が増えてしまうので、試し描きしながら数値を設定してみよう。

■混合ブラシツールで肌の質感を押さえた例(カラーの補充:しない)

img_soft_pscs5_11_15.jpg
img_soft_pscs5_11_16.jpg

img_soft_pscs5_11_17.jpg

いくら肌をきれいにレタッチしても、オリジナルの肌の肌理(きめ)がはっきりしすぎていて、きつい印象のときがある。このようなときも、色を補充しない設定で肌をなぞっていくだけで、肌の質感が落ち着いてくる。

■写真をベースにして混合ブラシツールで絵画調に描いた例

img_soft_pscs5_11_18.jpg
img_soft_pscs5_11_19.jpg

img_soft_pscs5_11_20.jpg

「絵筆ブラシ」と「混合ブラシツール」の併用で、写真をベースにして絵画調の写真を簡単に描くことができる。今回は「混合ブラシツール」に用意されている豊富なプリセットのうち、「ウェットミックス多量」を使用することにした。

最初は、元の写真の色は変えずに、テクスチャーだけ絵筆タッチに変えることにし、「色を補充しない」設定で描いていく。描いているうちに、やや単調になってしまったので、「色の補充をする」設定に変更し、ブルーや黄色をところどころミックスして描いてみた。

カンバス上で使えるショートカット

■ブラシサイズおよび
硬さの変更

img_soft_pscs5_11_21.jpg
ブラシツール等を選択している時、Option +Control+クリック(Mac)、Alt+右クリック(Windows)で表示される。マウスカーソルを左右に動かすとブラシサイズが替わり、上下に動かすとブラシの硬さが変わる。
■HUDカラーピッカー

img_soft_pscs5_11_22.jpg
Command+Option+Control+クリック(Mac)、Alt+Shift+右クリック(Windows)で、HUD(ヘッドアップディスプレイ)カラーピッカーが表示される。カラーピッカーの大きさや形状は環境設定で変更できる。
■サンプルリング

img_soft_pscs5_11_23.jpg
スポイトツール等を選択している時、Option+クリック(Mac)、Alt+クリック(Windows)で、サンプルリングが表示される。リング内側の上半分は現在サンプリングしている色、下半分はその前にサンプリングした色を表している。

※いずれのインターフェイスとも、環境設定で「OpenGL描画を有効にする」をオフにすると、表示されなくなる。

西山慧 Kei Nishiyama

フォートンの創業当初からデジタルイメージングの歴史をきり拓いてきた日本のレタッチャーの草分け的存在。北海道大学法学部卒。http://www.foton.jp/

関連記事

powered by weblio




白鳥真太郎広告写真館トークイベント

写真・映像・イラストと出合うウェブマガジンPICTURES

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

プロのためのレンタル撮影スタジオ検索 studio DATA BASE

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン