Photoshop CS6の新機能

すべてのユーザーに注目してほしい「Adobe Creative Cloud」

解説:黒川英治

CS6の発表と同時に正式発表されたのが「Adobe Creative Cloud」というサービスだ。単なるクラウド系のサービスに留まらず、従来の販売形態に加えて用意された新しい購入方法も含まれている。ユーザーにどのようなメリットをもたらすのか。

Adobe Creative Cloudとはいったいどんなサービス?

img_soft_pscs6_05_01.jpg

CS6の発表と同時に「Adobe Creative Cloud」のサービスが正式に発表された。このAdobe Creative Cloudは、近頃よく耳にする「クラウド」系のサービスとは、少々性質が異なるものだ。では、どんなサービスなのか。簡単に言うと、従来の販売形態に加えて用意された、アドビ製品の新しい購入方法と各種サービスだと考えるとよいだろう。

Adobe Creative Cloudは、大きく分けて3つの要素で構成されている。それが「Adobeアプリケーションの使用」と、「20GBのストレージの使用権」、そしてトレーニングやサポートといった「コミュニケーション」だが、注目点としてはやはり、「Adobeアプリケーションの使用」の部分だろう。その点を少し詳しく見てみたい。メンバーシップを取得することで得られる権利は以下だ。

1. Adobe Creative Suite CS6のアプリケーションがすべて使えるようになる。さらに夏以降はLightroomも追加される。

2. HTML5開発ツールである「Adobe Muse」と「Adobe Edge preview版」といったアプリケーションや「Photoshop Touch」をはじめとするアドビのタブレット用アプリケーションが使えるようになる(Photoshop Touch等のTouch Appsは別売。ただし3つ購入するとCreative Cloud 1ヵ月分が無償で使えるようになる)。

3. 契約期間内は常に最新のバージョンを利用できる。

4. オフィスや自宅、MacとWindowsなど、別々の環境や違うOSに対しても2台までインストールできる(同時起動は1台のみ)。

つまり、Adobe Creative Cloudとは、Photoshopをはじめとする、さまざまなAdobeアプリケーションの使用権が付いたメンバーシップのことなのだ。

なお、3の「いつでも最新バージョンを利用できる」という点と、4の「異なるOSに対しても、1ライセンスで対応できる」という点についてはもう一言、説明を加えておこう。アドビは今後、Adobe Creative Cloudメンバー向けに、いち早く新機能を提供するとしており、それが事実だとするならば、パッケージ版のユーザーよりも早く新機能を利用できることになる。

POINT!

Adobe Creative Cloudは、さまざまなサービスが付いた、アドビアプリケーションの購入方法。今までにないメリットも。

また、1ライセンスでWindowsとMacの両環境で使用できる点も、同時起動はできないとは言え、これまでになかったものだ。両環境でAdobeアプリケーションを使用できるという点は大きなメリットになるに違いない。

新しい購入スタイルがもたらすメリット

アプリケーションの新しい購入方法であるAdobe Creative Cloud。従来の購入方法と最も異なるのは、「メンバーシップを購入するという形で、必要な期間だけアプリケーションを使用する権利を購入する」という点だ。使用権は最短で1ヵ月から購入できる仕組みだが、年間契約すれば、月あたりの単位の価格も下がるため、その分お得になる仕組みだ。

なお、アプリケーションそのものは、アドビのWeb(Adobe Creative Cloud)からダウンロードして、インストールして使用する形となるため、使用方法自体は従来と何ら変わりはない。

なお、Adobe Creative Cloudの購入は同社が運営するオンラインストアである「アドビストア」、または店頭から購入できる。最短期間の設定は異なるが、月あたりの価格は同価格だ。 月額払いと考えると、支払いが延々と続くようなイメージを持ち、抵抗感を感じる人も多いかもしれないが、例えば、Adobe Creative Suite 6 Master CollectionとLightroomを両方買うと、合計で35万円程になるが、年間6万円で、それらに加えて、その他のアプリケーションまで使用できる権利が手に入ると考えればどうだろうか。また、CS3/CS4/CS5からアップデートする場合は、8月末までの期間限定ではあるが、年額3万6,000円の発売記念版を利用することで、実は、圧倒的な低コスト化が図れる。

また、今まで興味はあったが、触れたことのないCreative Suite製品も追加料金なしで手軽に手を伸ばせるのは大きなポイントだろう。

POINT!

使用形態によっては大きな節約に。購入方法も簡単だ。

また、Photoshop単独の使用権も販売されており(サブスクリプション版)、こちらは月額2,200円(税込み)で購入できる。Photoshopのみを使用したいという人にはこちらを選んでもよいだろう。

[Adobe Creative Cloudメンバーシップの購入方法]

1. Adobe Storeで購入する

オンラインストアであるAdobe Storeで購入する方法。メンバーシップに加入すると、パスコードが送られてくる。Adobe IDが必要となる。


●年間プラン(12ヵ月契約) 5,000円/月(税別)
月々の支払いが安くなる代わりに、1年間の継続が必要となる。


●1ヵ月プラン 8,000円/月(税別)
必要なときだけ利用できる気軽なプラン。


※ なお、CS6発売記念版として、CS3以降のバージョンからアップグレード価格が設定されている(8月末までの期間限定)。


●発売記念版(12ヵ月契約) 3,000円/月(税別)


2. 店頭で購入する

店頭でプリペイドキーカードの メンバーシップ(アドビキーカード)を購入する形となる。


●12ヵ月版 6万3,000円(税込・市場想定価格)
月々の支払いが安くなる代わりに、1年間の継続が必要となる。


●3ヵ月版 1万5,750円(税込・市場想定価格)
3ヵ月使用できる。月あたりの金額は、12ヵ月版と同額だ。


※ 12ヵ月版を購入してCS3以降からのアップグレードを行なう場合は、2万4,000円のキャッシュバックがある(8月末までの期間限定)。 このキャンペーンにより、発売記念版と同額になる。


黒川英治 Eiji Kurokawa

写真家。1965年東京都生まれ。Triceps代表取締役。大阪写真専門学校(現・大阪ビジュアルアーツ専門学校)を経て、1985年頃よりパリをはじめヨーロッパ各地で過ごし、自らの芸術性にヨーロツパの影響を受ける。ファッション誌やCDジャケット、広告写真を手がけるほか、コマーシャルプロデュースや、婚礼写真のデイレクションも行うなど幅広く活動。日本のみならずアメリカ、ヨーロッパでも活躍。コンピュータにも才があり、デジタル写真の分野においても異才を放つ。APA(日本広告写真家協会)正会員。

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン