Photoshop オート機能完全攻略

ワープ

写真・解説:竹澤宏

img_item_photoshop_automatic.jpgShuffleの人気連載「Photoshop オート機能完全攻略」を1冊にまとめた本「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」が9月26日に刊行された。内容は最新版のPhotoshop CS6に合わせて全面的に加筆訂正を行なっているが、Shuffle読者のために本書の一部を特別公開する。

歪みも手軽に簡単補正

img_soft_auto_mook10_01.jpg これはわりと古くからある機能で、「変形」ツールの中に「ワープ」という項目がある。Photoshop CS2以降追加された機能で、それまでの単純な「自由変形」や「拡大・縮小」といった「変形」ツールだけでは対応しきれない時に役立つツールになっている。

img_soft_auto_mook10_02.jpg オプションの中にあらかじめプリセットがあり、極端なワープをさせることも可能。今回はカスタムを選択。

img_soft_auto_mook10_03.jpg 元画像

写真は180°近い画角で眺望をパノラマ撮影したものである。Photomergeの機能を使い、円筒法でつなぎ合わせているので、近くを通る線路がカーブしているように写ってしまった。写真の下側だけを変形させたいといった時に、この「ワープ」機能を使うと便利だ。

img_soft_auto_mook10_04.jpg

格子の線を動かすことで、そのカーブに添って写真が変形する。ここでは一番下のラインを持ち上げ、中心部も一緒に持ち上がってきたので、上から2番目のラインを下げた。

img_soft_auto_mook10_05.jpg 完成画像

多少でも見た目が改善されることを目的に、あまりやりすぎないようにした。最新のPhotoshop CS6では「広角補正」が使えるので、このツールの出番は少なくなったかもしれないが、このようにほんのちょっとした補正をしたい時には、むしろ簡単で使いやすいかもしれない。

※この記事は「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」から抜粋しています。

竹澤宏 Hiroshi Takezawa

1983年、フリーのフォトグラファーとして独立。1995年〜96年、東京グラフィック・アーツ 映像事業部長 兼 マルチメディアスクール主任講師。1997〜99年、青山CGスクール・メロン非常勤講師(写真担当)。2008年より、毎日コミュニケーションズ「Mac Fan」で「デジタル一眼 Step By Step」を連載中。http://www.takezawa-lab.com/blog/

関連記事

powered by weblio




SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

最新スタジオガイド by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン