Photoshop オート機能完全攻略

Mini Bridge

写真・解説:竹澤宏

img_item_photoshop_automatic.jpgShuffleの人気連載「Photoshop オート機能完全攻略」を1冊にまとめた本「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」が刊行された。内容は最新版のPhotoshop CS6に合わせて全面的に加筆訂正を行なっているが、Shuffle読者のために本書の一部を特別公開する。

CS5から加わった機能にMini Bridgeがある。Photoshop本体のツールパネルの一つとしてサムネイルを表示できる機能である。

使い方としてはBridge本体で大きなウィンドウを開くまでもないような時に、小さなウィンドウで写真を表示しておけるので便利だ。また、Bridge本体とMini Bridgeで違うディレクトリを表示しておくことも可能なので、工夫次第で使い勝手が向上するだろう。

CS5のMini Bridge

CS5では画面右側のパネルにある「Mb」というアイコン、または画面上部のアプリケーションバーにある「Mb」というアイコンをダブルクリックすると、Mini Bridgeのパネルが表示される。表示のさせ方も様々なバリエーションがある。

img_soft_auto_mook30_01.jpg
パネルのアイコンとして格納されている状態

img_soft_auto_mook30_02.jpg
パネルに組み込んだ状態

img_soft_auto_mook30_03.jpg アイコンをクリックして小さく展開した状態

上のように各種調整パネルの中に一緒に組み込んで、タブで切り替えて表示することもできる。

CS6のMini Bridge

CS6になって若干仕様が変わった。CS6では画面の一番下に「Mini Bridge」というタブが表示されており、これをクリックするとMini Bridgeのパネルが開く。

img_soft_auto_mook30_04.jpg アプリケーションフレームをオンにして使う場合は、タイムラインと同じように、下に横一列表示で使うと便利。

img_soft_auto_mook30_05.jpg CS6ではウインドウサイズ(高さ)を広げると、連動してサムネイルサイズも拡大される仕様になっている。ただしこれは連結して使う場合。

img_soft_auto_mook30_06.jpg ウィンドウを切り離すとサムネイルサイズを変更するスライダーが現れ、小さいサムネイルで沢山の写真を表示させることができるようになる。

※この記事は「Adobe Photoshop オート機能完全攻略 CS6/CS5/CS4対応版」から抜粋しています。

竹澤宏 Hiroshi Takezawa

1983年、フリーのフォトグラファーとして独立。以来30数年、いまだに業界の片隅に生息中。インテリアや物撮りを中心とした広告写真が主だが、雑誌の取材や執筆もこなせるオールラウンダータイプのフォトグラファー。
http://takezawa-lab.com/
https://www.facebook.com/TakezawaHiroshi

関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン