Photoshop ユーザーに聞く

「Photoshop CS6はクリエイティブそのものに集中できるツールになった」北岡弘至

24ヵ月ぶりにバージョンアップしたPhotoshop CS6。アドビによると、このCS6は「ユーザーの声を聞いたバージョン」だという。プロフェッショナルユーザーはPhotoshop CS6をどのように見ているか。広告写真のレタッチャーとして活躍する北岡弘至氏に話をきいた。

img_soft_ps_user_kitaoka_1.jpgオニツカタイガー表参道店 オープニング記念パネル
CD=千原徹也(れもんらいふ) P=福島典昭 レタッチ=北岡弘至


バックグラウンド保存の搭載とPhotoshop自体の安定が嬉しい

──レタッチャーの立場から見て、Photoshop CS6はどんな印象でしょうか。

北岡 画期的だと感じたのは、なんといっても「バックグラウンド保存」機能ですね。この機能は待ち望んだもの。ほんとに嬉しい進化です。

──北岡さんの環境では、作業はどう変わりましたか?

北岡 レタッチの作業は、とにかく扱うファイルが大きい。作業中ともなれば10GBを超えるなんてことも珍しくない。そういうファイルを保存すると、これまでは30分くらいかかっていたんです。当然、保存中は他の作業は何もできません。

──作業ロスが大きかったんですね。  

北岡 僕は2台のMacを併用することでそれに対処していました。仕事が立て込んでいる時などは、一方を保存している間に、もう一方で別の仕事をするとか、下ごしらえをしておく、といった使い方をしていたんです。それが、保存してそのまま作業ができるようになり、特に作業が重くなるというわけでもない。すばらしい機能強化だと思います。「ちょっと休憩」っていうタイミングがなくなってしまった、という別の意味の問題点が生じていますが(笑)。

──保存に関してのもう一つの機能強化、「自動保存」機能に関してはいかがでしょう?

北岡 CS6は安定しているので、ほとんどPhotoshopが落ちた経験がないのですが、それでも1度、この自動保存機能に助けられました。再度Photoshopを開くと、最後に保存した状態のファイルと、それとは別に、復元データが開きました。この復元データが「自動保存」として設定しておいた「10分」前の状態でした。そのため、被害は作業10分ぶんにとどめることができました。機能をオンにしても、重くなったりすることもないですし、精神的な意味での保険になるなと感じています。

img_soft_ps_user_kitaoka_2.jpgアサヒ フードヘルスケア MINTIA
企画制作=博報堂+蛍光TOKYO + DESIGN BOY
CD=前田康二 AD=折重慎 P=Neil Visel レタッチ=北岡弘至

──他に気に入った機能はありますか?

北岡 ブラシが5,000ピクセルまで拡大できるようになった点ですね。これまでは大きなスペースをブラシで塗りたい場合は、グラデーションツールを使って作ったパーツで代用していたので、ずいぶん楽になりました。あとは描画エンジン(Adobe Mercury Graphics Engine)が新しくなって、速くなったことも感じています。特にぼかし系ツールが速くなったように感じますね。それから細かな部分ですが、コンタクトシートIIが復活したことも、地味ですが嬉しいですね。

──全体的には使いやすくなったという印象ですね。

北岡 はい。今回使わせていただいたCS6は、パブリックベータなのですが、先ほども触れたとおり、問題なく利用できました。アプリケーション自体がとても安定している点も、おおいに評価したい部分です。昔は、ずいぶん苦労しましたから。そういった点も含めて、Photoshop CS6は、「クリエイティブに集中できるツール」になったと言えるんじゃないでしょうか。


Profile:

北岡弘至 Hiroshi Kitaoka

レタッチャー、GARABATO代表。オフィス機器のサービスエンジニア、飲食店、デザイン会社の営業等を経て、2002年よりフリーランスとして独立。2005年に有限会社GARABATOを設立。広告、映画等のグラフィック制作を主に活動中。


関連記事

powered by weblio




COMMERCIAL PHOTO年間定期購読

新時代の表現者 ディレクター「宮尾昇陽」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン