アメリカ付記

震災を写した写真家

サンフランシスコ市上空から被害の全貌を記録

かつて起こったアメリカの震災の中で、1906年に起こったサンフランシスコ地震は、ハリケーン・カトリーナなどと並ぶ、アメリカ史上最も被害の大きい自然災害の一つと言われています。日本からもこの日露戦争の翌年の震災に対して、2005年時点換算で約600億円の見舞い・援助金がサンフランシスコ市に、約60億円がサンフランシスコ在住の邦人に贈られました。

さて、このサンフランシスコ地震の映像や写真は、その被害の大きさや状況を知る非常に重要な記録ですが、この撮影者たちの中に、アメリカの写真史上、忘れてはならない写真家の名前があります。彼の名は、ジョージ・R・ローレンス。イリノイ州、オタワの出身です。

ローレンスは、地震で被害にあったサンフランシスコの街を、地上からではなく上空からその全貌を捉えたい、と考えました。そこで、彼はカイト(凧)にカメラを備え付け、無人で上空から撮影する方法を編み出します。

早速、その上空からの写真をお目にかけましょう。こちらです。

img_studies_america06_01.jpg

ローレンスは重量22キロの160度パノラマ・カメラをカイトに装着し、17×48インチ(48.18×121.92センチ)のシングル・フィルムを使用し、600メートルの高さから撮影に成功しています。

img_studies_america06_02.jpg

img_studies_america06_03.jpg

img_studies_america06_04.jpg
img_studies_america06_05.jpg

そして、この空中からの撮影以前に、彼がよく知られていたのは未だに人々を驚愕させる4.5×8フィート(137.16×243.84センチ)のガラスネガティブを使用した世界最大のカメラです。これは、イリノイ州シカゴとアルトンの町を結ぶシカゴ・アルトン鉄道の撮影をアルトン・リミテッドから依頼された際、作ったものです。

img_studies_america06_06.jpg

img_studies_america06_07.jpg

今でも、震災の写真といえば彼の名を上げる人も多く、この巨大なカメラとともに、彼の写真は人々の印象に強く残っています。

おすすめ商品・アイテム

写真:写真のはじまり物語

写真のはじまり物語ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ

アメリカの初期の写真、ダゲレオタイプ、アンブロタイプ、ティンタイプを、当時の人々の暮らしぶりと重ね合わせながら巡って行きます。写真はどのように広まったのでしょう。古い写真とみずみずしいイラストとともにめぐる類書の少ない写真文化史的一冊です。写真を深く知りたい人に。

安友志乃 著 定価1,890円(税込) 雷鳥社 刊

写真:安友志乃

安友志乃 Shino Yasutomo

文筆家。著書に「撮る人へ」「写真家へ」「あなたの写真を拝見します」(窓社刊)、「写真のはじまり物語 ダゲレオ・アンブロ・ティンタイプ」(雷鳥社刊)がある。アメリカ在住。

ブログ 水を歩く 月刊 富士山

関連記事

powered by weblio




αの「強さ」そして「優しさ」 フォトグラファー「西村彩子」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン