玉ちゃんのライティング話

第13回 ループ、スプリットそしてバタフライ

解説 : 玉内公一

玉:玉内 編:編集部

 前号に続きポートレイトの基本ライトパターンの話です。レンブラントライティングは、顔の立体感が強調され重厚な雰囲気は出るけれど、その反面「老けて見える」ということでしたが。

 老けて見える…ま、ストレートに言えばそうなのですが、斜め上からの光なので、特に眼窩が深い欧米人は目の部分に影が強く出てしまうのですね。

 それを解決するには?

 レンブラントよりもライトの角度を下げ、目の部分にも光があたるようにすれば良いのです。ライトを下げていくと、シャドー側の頬の影と鼻の影がつながらなくなり、レンブラントの特徴である閉じた三角形ハイライトがなくなりますが、鼻の影が丸く出てくる。その影の形から、この照明を「ループライト」なんて言うんですね。

 ループというと輪のことですよね。

 鼻にカウボーイの投げ縄がかかったように見えるでしょ。


レンブラントは顔の陰影が強調される

img_tech_lightingstory13_01.jpg
ショートレンブラントをベースにしたライティング。斜め45度の光をメインライトにして、レフで顔の左側面、あご下のシャドーを起こしている。アクセントライトとして左後から左の髪にハイライトを入れている。

ループはカジュアルな雰囲気

img_tech_lightingstory13_02.jpg
ライトの基本構成は左作例と同じだが、メインの位置をやや下げて、顔の右側面全体に光をあてる。鼻の左の影が投げ輪のようになるループと呼ばれるライティング。


 写真史で言えば、レンブラントというのは古くからある考え方です。明治、大正時代の写真技法書にも載ってます。その頃は現代のストロボのような人工光ではなく、写真館の天窓から入る自然光ですが、その当時、肖像写真を撮られるのはそれなりに偉い人だったり、中高年の男性が多かったんじゃないのかな。だから重厚なレンブラントライティングが好まれた。

これが1940〜50年代、写真が一般的になると、特にアメリカではよりカジュアルな印象のポートレイトが好まれるようになった。そこで陰影をつけながらもレンブラントほどシャドー部が重くならないループライティングが主流になってきました。

 現代はどうなのですか?

 最近ではあまりループ、レンブラントという言葉は使わないし、光も全体的に回し気味でコンストラストはさほどつけませんが、基本の部分にはレンブラント、ループの考え方があります。

アメリカの写真館のポートレイトは、ループをベースに全体に光を回した撮り方が主流じゃないかな。一方、日本ではレンブラントベースも多い。

 日本でレンブラントが多いのは、日本人の顔が西洋人のように凹凸がないから?

 そうです。日本人の顔はレンブラントライティングでも極端な陰影がつかないので、ちょうどいいのでしょう。

 ポートレイトのライトパターンとしては、他にどんなものがあるのですか?

 「スプリットライト」というのは、Split(分割する)の字のごとく、鼻梁を境にして、シャドー側とハイライト側をきっちりと分けるライティング。1灯でライトコントラストをつけるとかなりドラマチック。通常はフィルインなどでシャドー側の明るさを補うのですが、太った人をやせて見せる時に使ったりしますね。

そして、伝統的なライティングと言えば「バタフライライト」。その昔、ハリウッド女優を、映画スタジオの天井に吊されたアークライトで撮ったことが発端。やや斜め上正面からのトップライトで、鼻の下の影が蝶々に見える。これは卵形の顔がきれい写る、つまり美人がより美人に写ると言われていたライティングなんですね。

ポートレイトの代表的ライティング

img_tech_lightingstory13_03.gif
img_tech_lightingstory13_04.jpg
ポートレイトはメインライトの位置によって幾つかの基本パターンに分けられる。顔に対して、前方約45度、高さ約45度からのライティングが「レンブラント」。「レンブラント」より、やや低い位置から顔半分全体に光があたるようにしたのが「ループ」、鼻筋から向こうに光が回らないようにやや奥目から顔半分を照らすのが「スプリット」、斜め前方上からのトップライトが「バタフライ」と呼ばれる。

 顔の骨格ががっしりとした男性だと、上方からの光が滑らかに下に回らず、変な影ができたり、当時の男性俳優は耳が髪で隠れていないことが多く、耳の上にハイライトが入って強調されてしまうので、男性にはあまり向かない。

 美人専用ライティングですね。バタフライという名前からしてハリウッド的。

 拡散気味のライトを正面やや上手からあてて、あご下の影をレフやフィルインで補うフロントライトをメインにした最近のビューティフォトやモデル写真も、この応用と言えるんじゃないのかな。

レンブラント

img_tech_lightingstory13_05.jpg
img_tech_lightingstory13_06.jpg
シャドー側の頬に三角形のハイライトが入る。顔の立体感が出て、重厚な雰囲気になるが、特に眼窩が深い西欧人はハイライト側の目の周囲が影になり、「老け顔」に見えることも。


ループ

img_tech_lightingstory13_07.jpg
img_tech_lightingstory13_08.jpg
レンブラントの改良型。目の部分にも光が入り、全体にハイライト部分が増える。明るくカジュアルな雰囲気。シャドー側の頬と鼻の影はつながらず、鼻の影がループ状になるのが特徴。


スプリット

img_tech_lightingstory13_09.jpg
img_tech_lightingstory13_10.jpg
鼻梁を境にシャドー部とハイライト部が分かれる。石膏作例のようにコントラストをつけるとドラマチックに、人物作例のようにシャドーを起こすと落ち着いた雰囲気に。顔を細く見せる効果もある。


バタフライ

img_tech_lightingstory13_11.jpg
img_tech_lightingstory13_12.jpg
鼻の真下に出る影が蝶々のように見えることから、バタフライと呼ばれる。顔全体を明るく滑らかに照らしながら、両頬の周囲のグラデーションがシルエットの美しさを強調。

おすすめ商品・アイテム

写真:玉ちゃんのライティング話

玉ちゃんのライティング話

スタジオ撮影のライティングを基礎から知りたい人へ。月刊誌コマーシャル・フォトで約3年にわたり連載された「玉ちゃんのライティング話」を再構成。カラー作例をふんだんに使い、プロのスタジオ撮影の基礎を解説したライティング読本。

玉内公一 著 定価1,620円(税込)

写真:商品撮影の基本を学ぶ

プロが教える上達の早道商品撮影の基本を学ぶ

さまざまな広告写真で30年のキャリアのベテランフォトグラファー 熊谷晃氏が教える、商品撮影における極意。難しく考えられがちな「商品撮影」を楽しんで取り組めるようになる。

熊谷晃 著 1,800円+税

写真:クリップオンストロボの実践ライティング

基本をマスターすれば光は操れるクリップオンストロボの実践ライティング

便利なTTLオート発光や安心感のマニュアル発光など、クリップオンストロボの基礎知識からプロの現場での活用法を紹介。クリップオンストロボユーザーや、これからクリップオンストロボに挑戦するユーザーに送る1冊。

2,000円+税

写真:あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

あなたにもできる実践ライティング&撮影テクニック

5人の講師によるセミナー形式でライティングと撮影テクニックを解説。豊富な作例、目からウロコのテクニック、便利な機材などの情報を満載。商品撮影から人物撮影まで、すぐに役立つ、真似したくなるプロワザを惜しみなく披露する。

定価2,160円(税込)

写真:基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

基礎から始める、プロのためのスチルライフライティング

スチルライフのジャンルでも、特にプロの世界で「ブツ撮り」と呼ばれるスタジオでの商品撮影をメインに、ライティングの基礎から実践までを解説する。

定価2,808円(税込)

玉内公一 Kohichi Tamauchi

ドイテクニカルフォト、コメットストロボを経て、2000年に独立。銀塩写真、デジタルフォト、ライティングに関する執筆、セミナーなどを行なっている。日本写真映像専門学校非常勤講師、日本写真学会、日本写真芸術学会会員、電塾運営委員。

関連記事

powered by weblio




バックナンバー

反射神経に応えられる機動性 ディレクター「柘植泰人」

SWITCH 写真・デザイン・映像・広告業界の求人サイト

SPECIAL!

ピックアップコンテンツ

  • HP Workstationの実力
  • PhotoshopNavi
  • ColorEdge スペシャルコンテンツ
  • 露出計・カラーメーター入門
  • wacom
  • iStockphoto × COMMERCIAL PHOTO

広告クリエイターのためのイエローページ POWER PAGE by COMMERCIAL PHOTO

中古カメラ検索サイト! CAMERA fan:カメラファン