汎用性に優れた広角レンズの新世代モデル|ライカ ズミクロン M f2/28mm ASPH.

価格未定 / 2023年11月発売予定

ライカ ズミクロン M f2/28mm ASPH.

主な特長

  • 最短撮影距離が従来の0.7mから0.4mに短縮
  • コンパクト設計、組み込み式のレンズフードを採用

ライカカメラは、M型レンズの新製品として「ライカ ズミクロン M f2/28mm ASPH.」を発売する。旧モデルから進化を遂げ、オールマイティに活躍する高性能な大口径広角レンズとしてライカMレンズのラインナップへ新たに加わる。

最短撮影距離は従来の0.7mから0.4mに短縮。撮影距離0.7mまでは、従来通りフィルムとデジタルのM型カメラ全機種で距離計に連動したピント合わせ(ファインダーを見ながらのピント合わせ)が可能。0.7mまでフォーカスリングを回すと軽く抵抗が感じられ、そこから撮影距離0.4mまでは、ライブビュー対応のM型デジタルカメラでのみピント合わせが可能で、液晶モニターや外付け電子ビューファインダー「ビゾフレックス2」、ライカ専用アプリ「Leica FOTOS」でライブビュー映像を見ながらピントを合わせることができる。

ライカMレンズ全体の特長のひとつとしてコンパクトなサイズ感が挙げられるが、今回発売する「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」でもコンパクトな設計が実現。組み込み式のレンズフードはモダンなラウンドシェイプのデザインを採用、軽く回すだけで引き出しや収納が可能だ。

レンズ構成は6群9枚で、細部まで緻密に、コントラスト豊かに描写。ピント合わせもスムーズかつ静かに行なうことができる。

対応マウント:Mマウント / 焦点距離:28mm / 明るさ:f2 / レンズ構成:6群9枚 / 寸法:約Φ55×58mm / 質量:約275g

コマーシャル・フォト2024年5月号

【特集1】
Lifestyle Photography 「ライフスタイルフォト」を考える
ふとした日常のワンシーンを切り取り、人物やプロダクトの魅力を伝えるライフスタイルフォト。
この特集ではライフスタイルフォトを撮影するフォトグラファーとクリエイターがどのようなことを考えながらビジュアルを設計しているのか、作品と合わせてその思考を探っていく。

兼下昌典 / 金子美由紀 / 上澤友香 / 元家健吾 / 山本あゆみ / 小野田陽一 / 角田明子

良品計画 無印良品 クラシコム 北欧、暮らしの道具店
中川正子が撮る暮らしの気配

FEATURE 01 中森 真「endura」
FEATURE 02 金子親一「READYMADE」
FEATURE 03 尾身沙紀「Wanderlust」