ライカSLシステムを拡充する2種の超広角レンズ|ライカ スーパー・バリオ・エルマリートSL f2.8/14–24mm ASPH./スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.

オープン価格 / 2023年11月発売予定

ライカ スーパー・バリオ・エルマリートSL f2.8/14–24mm ASPH.スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.

主な特長

  • 焦点距離14mmを含む広角ズームレンズ「スーパー・バリオ・エルマリートSL f2.8/14–24mm ASPH.」
  • 焦点距離21mmのアポ・レンズ「スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.」
スーパー・バリオ・エルマリートSL f2.8/14–24mm ASPH.
スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.

ライカカメラは、「ライカSLシステム」を拡充する超広角レンズ「スーパー・バリオ・エルマリートSL f2.8/14–24mm ASPH.」と「スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.」の2種を発売する。

「スーパー・バリオ・エルマリート SL f2.8/14–24mm ASPH.」は、「ライカSLシステム」初の焦点距離14mmを含むレンズで、ズーム全域で開放F2.8を実現。高いクオリティと輝度を備え、建築・インテリアの撮影や、被写体に肉迫するルポルタージュから風景写真の撮影まで、幅広い撮影用途に対応できる。

「スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.」は、焦点距離21mmのアポ・レンズ。広い画角にも関わらず、 既存のアポ・ズミクロンSLレンズ(距離28、35、50、75、90mm)と同様に「E67」径のコンパクトなサイズで、取り回しに優れている。また、最短撮影距離が21cmと短く、細部まで鮮明に撮影可能。

スーパー・バリオ・エルマリート SL f2.8/14–24mm ASPH.
対応マウント:Lマウント / 焦点距離:14〜24mm / 明るさ:f2.8 / レンズ構成:13群18枚 / 寸法:約Φ85×131mm / 質量:約855g

スーパー・アポ・ズミクロン SL f2/21mm ASPH.
対応マウント:Lマウント / 焦点距離:21mm / 明るさ:f2 / レンズ構成:11群14枚 / 寸法:約Φ73×102mm / 質量:約789g

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。