大口径標準ズーム G レンズ|ソニー FE 24-50mm F2.8 G

約180,000 円前後 2024年5月17日発売予定

FE 24-50mm F2.8 G

主な特徴

  • 最新の光学設計とメカニカル設計による小型軽量デザイン。
  • 4枚の非球面レンズと2 枚のED(特殊低分散)ガラスを効果的に配置することにより、色収差など諸収差を低減し、画面中心から周辺部分まで高い解像性能を実現。
  • 11 枚羽根の円形絞りや球面収差の最適化などにより、G レンズならではの美しくやわらかなぼけ描写を実現。

ソニーが35mm フルサイズ対応α™(Alpha™)E マウントレンズとして、小型軽量ながらズーム全域開放F 値2.8 の標準域ズームレンズ『FE 24-50mm F2.8 G』の発売を決定した。

本レンズは、焦点距離24mm から50mm までをカバーし、日常のスナップや風景、ポートレートなど、静止画・動画問わず幅広い被写体や多様なシーンにおいてクリエイターの映像表現の幅を広げることができる。

対応マウント:ソニー Eマウント / 焦点距離:24-50mm / 明るさ:f2.8 / レンズ構成:13群16枚 / 寸法:最大径74.8mm×長さ92.3mm / 質量:約440g

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか