「CREATORS EDGE 2023」現地レポートPart.2 カメラメーカー編

10月18日、『コマーシャル・フォト』『ビデオサロン』の共同主催イベントとして
浅草橋ヒューリックホール&カンファレンスにて開催された
「CREATORS EDGE 2023」での各企業出展ブースの模様をレポート!

Part2ではニコンイメージングジャパン、パナソニック、ライカカメラジャパンなどのカメラメーカーをご紹介致します。

ニコンイメージングジャパン

ニコンイメージングジャパンのブース。

レトロなデザインに35mm フルサイズセンサーを搭載した新機種「Z f」を多くの来場者が手に取っていた。外観はフィルムカメラ風ながら中身は最新のミラーレスカメラというのはほかに無い。

Z f のボディカラーはブラックのみだが、貼革のカラーを変更できるサービスがある。

交換レンズでは「NIKKOR Z 135mm f/1.8 S Plena」が10月に発売された新製品になる。NIKKOR Z の中でも最高レベルの描写力という。
AF も可能になっており撮影を試す人が絶えなかった。

NIKKOR Z 135mm f/1.8 S Plena。背面モニターで見たところ、ボケもきれいで被写体が浮き立つような絵になった。

そのほかプロ向けの「Z 9」や超大口径レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」といったハイエンドアイテムも並んでいた。

Z 9や Z8といったカメラも用意されていた。

パナソニック

パナソニックのブース。

パナソニックのブースでは10月27日発売の「LUMIX G9PROII」をアピールしていた。
マイクロフォーサーズの新しいフラッグシップ機で、高速連写など機能を充実させている。

LUMIX G9PROII。フルサイズ機の LUMIX S シリーズと同じデザインのボディになり、ハンドリングも好印象だ。

LUMIX といえば、動画に注力したカメラというイメージだが、今回は像面位相差 AF への対応や AF 追従で60コマ / 秒の連写を実現するなど静止画にも力が入っている。

レンズでは、いずれもマイクロフォーサーズ用の「LEICA DG VARIO-ELMARIT 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.」と「LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 II ASPH. / POWER O.I.S.」が展示してあった。

LEICA DG VARIOELMARIT 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S. は、ライカの厳しい光学基準をクリアしたモデル。
LEICA DG VARIOELMAR 100-400mm / F4.0-6.3 II ASPH. / POWER O.I.S.は、新たに2倍のテレコンバーターに対応。35mm判換算で1,600mm 相当という超望遠撮影が可能に。

ライカカメラジャパン

ライカカメラジャパンのブースでは、7月に発売された「ライカ SL2 シルバー」を見ることができた。

SL2 シルバー。これまでのブラックモデルとはまた違った趣のモデルになっている。

SL2はこれまでブラックのみだったが、上面と底面をシルバーにした新色となっている。よりクラシックカメラ風のデザインを求めるユーザーに向けた仕様だと説明していた。

SL2はスチルを優先的に使う人がメインターゲットとのことだが、ハイレベルな4K 動画にも対応している。
画素数を抑えた「ライカ SL2-S」や各種交換レンズも充実していた。

いかがでしたでしょうか?
次回Part3では周辺機器メーカーのレポートをご紹介いたします!
是非チェックしてみてください。

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。