写真家 横浪修の作品集「Assembly Teshikaga」が発売。発売を記念した写真展も開催!

独特のユーモアと透明感を有する写真表現が国内外で支持され、幅広いジャンルにおいて第一線で活躍し続ける横浪修。
2010年よりスタートした「Assembly」シリーズでは、集合体の持つ強さや美しさに着目し、北海道や沖縄、プーケット、ニュージーランドといった豊かな自然の中で同じ服装に身を包んだ少女たちの姿を捉えてきた。

作品集「Assembly Teshikaga」は、深い森と美しい水に囲まれた北海道・弟子屈(てしかが)を舞台に したシリーズ最新作。

雪深い大地を踏み締め、ひたむきに進んでいく制服姿の少女たち。
「個々に匿名性を与え、集団としての存在を浮き彫りにする」というこれまでのシリーズと同様の主題でありながら、大自然の厳しさ、畏怖を喚起させるような崇高さといった側面をより一層感じさせる写真作品には、無垢な生命の力が切実に表れている。

横浪氏が10年以上にわたり向き合ってきた「Assembly」の新たな展開を写真展にて見ることができる。

<<トークイベント情報>>
横浪修×濱田英明トークイベント
日時:2月11日(日)17:00~18:00(開場16:30)
定 員:25名
料金:2,500円(税込)
※BOOK AND SONSオンラインストアより要予約(2月1日 12:00より予約開始)
予約ページ:https://store.bookandsons.com/?pid=179062524

<<サイン会情報>>
横浪修「TUMBLE(でんぐり返り)」サイン会
日時:2月17日(土)14:00~17:00

プロフィール
横浪修(Osamu Yokonami)
1967年、京都府舞鶴市に生まれる。1989年に文化出版局写真部入社。独立後は、写真家として自身のレーベルやスウェーデンのLibrarymanなど、海外の出版社からも写真集を刊行。「Assembly」シリーズをはじめ「100 Children」や「1000 Children」「PRIMAL」など数々の作品集を出版し、カリフォルニアのDe Soto Galleryや、台湾の新光三越などで個展を実施している。また、2023年にはKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭のサテライトイベント K G+でも個展が開催され、国内外から多くのファンが来場した。

Osamu Yokonami Photo Exhibition
「Assembly Teshikaga」
2024年2月8日(木) – 2月25日(日)
11:00-18:00 火・水曜定休 / 入場無料
兵庫県神戸市中央区海岸通3-1-5 海岸ビルヂング302 THE BOOK END
080-7007-6949 / hello@the-book-end.com

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。