大野咲子氏の初写真集「家族のあとさき」が好評発売中。

写真家の大野咲子氏が自身初となる写真集『家族のあとさき』が発売中。
3年余りにわたって取り組んだ不妊治療の日々を撮影した。

家族のかたちを探る、不妊治療の日々のアルバム

大野咲子氏の初写真集『家族のあとさき』は、3年余りにわたって取り組んだ不妊治療の日々に撮影された。
孤独感を伴う時間のなかで、視覚感覚が変わり、身のまわりの些細なものが生殖や血に関わるものに思えてくる体験もあったと言う。
写真集のページには、治療中のセルフポートレート、家のなかの光景、外で働く自分、そして視覚体験に基づくスナップが、アルバムに貼り込まれた繋がりのある時間のように、渦を成して表れている。
自己と他者、内と外、心象と風景が互いを映し出しながら、「家族」という存在を問いかけ、その多様で、変わり得る、選び得る可能性を浮き彫りにする。


赤い布装の装丁や構成は、大野の母親が子のために手作りした幼少期のアルバムに想を得て制作された。
「この光景は、母にあって私にないもの、私にあって母にないもの、共にあるもの、そして誰かの過去であり未来かもしれません。」
個人的な体験から発して、いまを生きるひとりひとりのつながりや選択を照らし出す一冊だ。


書籍情報

大野咲子家族のあとさき」
定価:4,000円+税
Art Direction:鈴木千佳子
発行:PURPLE
印刷製本:ライブアートブックス

Size: H236mm ×W263mm
Page:40 pages
Binding:Cloth hardcover

Published in March 2, 2024
ISBN978-4-9912907-2-5

プロフィール
大野咲子 |Sakiko Ono

1980年茨城県生まれ。
2004年東京造形大学デザイン学科、
2006年東京ビジュアルアーツ写真学科卒業後、アマナ入社。
本作が初の写真集となる。

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか