写真家 アンディ・チャオ氏とAKB48 行天優莉奈氏の写真展「BEYOND」が開催!

マレーシア・クアラルンプールを活動拠点として8月に誕生する新たなグループ「KLP48」に移籍することが発表されたAKB48の行天優莉奈氏と、シンガポール出身の天才フォトグラファー、アンディ・チャオ氏(ND CHOW)による写真展「BEYOND」が、2024年5月17日から26日まで渋谷区代官山町のアートギャラリー「DRELLA」で開催される。

写真展は、マレーシアへの渡航を控えた行天優莉奈氏が国内活動における最後の願いをスタッフに聞かれた際に「アンディさんに撮影してもらうことがずっと夢だった」と口にしたことから実現。写真展のタイトルを「過去の自己の限界を超えて、未知へと踏み出す勇気」を象徴して「BEYOND」と名付けた。撮影は、湘南エリアで行われ、アンディ・チャオ氏の深い洞察力と技術力により生み出された作品群は、見る者に被写体の心の内側を垣間見せ、新たな旅立ちを前にした静かな前奏曲のような時間を感動的に彩っている。

行天優莉奈コメント
「アンディ・チャオさんの素敵な作品を通じて、ファンの皆様にこれまでの感謝の気持ちを伝えることができて本当に嬉しいです。そして、タイトなスケジュールの中で、このプロジェクトを実現していただいた関係者の皆様に心から感謝いたします。アンディさんのフランクな人柄、作品に対するアーティスティックな姿勢は学ぶことが多く、とても刺激的な体験をさせていただきました。私の今が切り取られた、過去と未来をつなぐ架け橋のような作品を皆様と共有できれば嬉しいです。」

アンディ・チャオ コメント
「当初、私たちは晴れた海辺での撮影を計画していましたが、当日、予期せぬ雨に見舞われました。多くの人は、それを障害だと捉えるかもしれませんが、私たちにとっては美しく神秘的な贈り物でした。雨の日がもたらす静寂は、彼女の内面に秘められた思いや決意を浮き彫りにしてくれました。雨粒の一つ一つが海面に触れる度、彼女の表情は静かに繊細に揺れ動き、その一瞬一瞬がBEYONDの精神を完璧に体現していました。優莉奈さんの新しい旅の始まりに心からの祝福を送ります。」

アンディ・チャオ(ND CHOW)プロフィール
フォトグラファー、フィルムディレクター
シンガポール出身、ラサール芸術大学 MFA(美術学修士)
青年期、世界と自分自身の発見のために世界中を放浪。この時期に今日の写真家としての感性、美学、哲学を形成する。2000年以降、東京に活動拠点を移し、ウィーン国立歌劇場音楽監督を務めた世界的な指揮者、小澤征爾を撮影した写真集を出版。坂本龍一、北野武、木村拓哉、福山雅治、トム・ハンクス、パティ・スミス、シンディ・ローパー、ファレル・ウィリアムス、リアム・ギャラガー、長澤まさみ、石原さとみ、広瀬すずのポートレート。 綾瀬はるか、深田恭子、堀北真希、広瀬アリス、佐藤健の写真集。コカコーラ、アディダス、パナソニック、SEIKO、KOSE の広告。資生堂 ANESSA、JR、 楽天モバイル、森永乳業のCM映像。anan、東京カレンダーの表紙などを手がける。鋭い洞察力と遊び心で、レンズの向こう側にある被写体の仮面を剥ぎ取り、被写体の内側に秘められた真の美を表出させる卓越した能力を持つ。

ND CHOW × YURINA GYOTEN PHOTO EXHIBITION
「BEYOND」
期間 : 2024年5月17日(金)~5月26日(日)
時間 : 10時~19時
場所 : DRELLA アートギャラリー
住所 : 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町15-10 Grove 代官山 1F

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか