中村キース・ヘリング美術館が「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」に特別協力。

世界で唯一のキース・ヘリング氏の美術館である中村キース・ヘリング美術館が、兵庫県立美術館で開催中の「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」の特別協力として監修および約140点の作品を出品している。

本展は、総作品数約150点で構成され、キース・ヘリング氏がアーティストとして活動した10年程の間に制作した作品の全容を概観する展覧会。東京(六本木)、兵庫(神戸)の他、福岡(福岡)、愛知(名古屋)、静岡(静岡)、茨城(水戸)の6会場を巡回予定。

明るく、ポップなイメージで世界中から愛されているキース・ヘリング氏。ヘリング氏は「アートはみんなのために」という信念のもと、1980年代のニューヨークで地下鉄駅構内やストリート、つまり日常にアートを拡散させることで、混沌とする社会への強いメッセージを発信し、人類の未来と希望を子どもたちに託した。ヘリング氏が駆け抜けた31年間の生涯のうち創作活動期間は10年程だが、残された作品に込められたメッセージはいまなお響き続けている。

本展は6メートルに及ぶ大型作品や日本初公開含む約150点の作品を通してヘリング氏のアートを体感いただく貴重な機会になる。社会に潜む暴力や不平等、HIV・エイズに対する偏見と支援不足に対して最後まで闘い続けたヘリング氏のアートは、時空を超えて現代社会に生きる人々の心を揺さぶっている。

今回展示されているキース・ヘリングの名前が世界に広く知られるきっかけとなったサブウェイ・ドローイングプロジェクトの作品7点のうち、当館より2点の《無題(サブウェイ・ドローイング)》を出品あしている。他5点はニューヨークから出品され、この巡回展で日本初公開となる。

photo by ©️Makoto Murata
All Keith Haring Artwork ©Keith Haring Foundation
All Keith Haring Artwork ©Keith Haring Foundation

展覧会概要
「キース・ヘリング展 アートをストリートへ」
会期:2024年4月27日(土)~2024年6月23日(日) 
会場:兵庫県立美術館ギャラリー棟3階ギャラリー
https://kh2023-25.exhibit.jp

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか