瀧本幹也写真展「CHAOS」2023 OGATA Parisにて開催

11月8日(水)よりOGATA Parisにて瀧本幹也写真展「CHAOS 2023」が開催される。

ひとつの生命体としての地球の息吹を、全身で感じ取るようにフィルムに焼き付けてきた写真家・瀧本幹也。
今回の展示では、海面に揺らぐ光の粒を採集し移りゆく海の表情を捉えた「GRAIN OF LIGHT」、
火山や海、雪山など静謐 かつ雄大な地球の姿に迫った「FLAME/SURFACE」、
「SNOW MOUNTAIN」シリーズのほか、最新作の花や寺の池など密やかな祈りの情景を写しとった「円・相・心」より厳選した16点を展覧する。

「CHAOS」2023
厳冬の雪山で 、自然と人の結界を目撃した。
壮大な景色は人智の及ばない自然が創り出したもの、
地球は宇宙の一部であると実感した。
地球は四十億年の歳月をかけ、噴火と海の創造を繰り返し、
息を呑むほど美しい自然を彫り上げてきた。
その中で
日本では禅の文化が花開き、人は小さな庭園に大自然を投影した。
一滴の雨粒が小さな波紋を生み、円を描いて広がり、
水面に溶け込んでいく様は、大宇宙と微小な世界の結びつきを象徴している。
宇宙の瞬間に、私たちは存在している。

瀧本幹也

PRIÈRE #02
PRIÈRE #07
PRIÈRE #09
SNOW MOUNTAIN # 07

万物はそれぞれの中に宇宙を抱き、あらゆる生命は巡り、つながり合う──。
観る者の生に呼応し、心を静かに引き寄せる瀧本氏の作品群は11月26日(日)まで見ることができる。

瀧本幹也 / 写真家・映像作家

1974年生まれ。代表作に、ドイツの造形学校バウハウスを構成的にとらえた『BAUHAUS DESSAU 㱤 MIKIYA TAKIMOTO』(2005)、
世界7大陸を巡り観光地の非日常性に集まる人々を撮影した『SIGHTSEEING』(2007)、
『LOUIS VUITTON FOREST』(2011)、地球の原風景「LAND」と文明の象徴としての宇宙開発「SPACE」の相対するシリーズをまとめた
『LAND SPACE』(2013)のほか、『Le Corbusier』(2017)、『CROSSOVER』(2018)などがある。

また映画の撮影も担当し、是枝裕和監督作品『そして父になる / Like Father, Like Son』(2012)でカンヌ国際映画祭コンペティション審査員賞、『海街diary / Our Little Sister』(2015)で日本アカデミー賞および最優秀撮影賞、
『三度目の殺人 / The Third Murder』(2017)は第 74 回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門などを受賞。

写真と映像で培った豊富な経験は、独自の視点を生み出し、唯一無二の作品へと昇華されていく。
作品はThe Met ropolit an Museum of Art(New York)、東京都写真美術館( 東京 )などに収蔵されている

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。