瀧本幹也写真展「CHAOS」2023 OGATA Parisにて開催

11月8日(水)よりOGATA Parisにて瀧本幹也写真展「CHAOS 2023」が開催される。

ひとつの生命体としての地球の息吹を、全身で感じ取るようにフィルムに焼き付けてきた写真家・瀧本幹也。
今回の展示では、海面に揺らぐ光の粒を採集し移りゆく海の表情を捉えた「GRAIN OF LIGHT」、
火山や海、雪山など静謐 かつ雄大な地球の姿に迫った「FLAME/SURFACE」、
「SNOW MOUNTAIN」シリーズのほか、最新作の花や寺の池など密やかな祈りの情景を写しとった「円・相・心」より厳選した16点を展覧する。

「CHAOS」2023
厳冬の雪山で 、自然と人の結界を目撃した。
壮大な景色は人智の及ばない自然が創り出したもの、
地球は宇宙の一部であると実感した。
地球は四十億年の歳月をかけ、噴火と海の創造を繰り返し、
息を呑むほど美しい自然を彫り上げてきた。
その中で
日本では禅の文化が花開き、人は小さな庭園に大自然を投影した。
一滴の雨粒が小さな波紋を生み、円を描いて広がり、
水面に溶け込んでいく様は、大宇宙と微小な世界の結びつきを象徴している。
宇宙の瞬間に、私たちは存在している。

瀧本幹也

PRIÈRE #02
PRIÈRE #07
PRIÈRE #09
SNOW MOUNTAIN # 07

万物はそれぞれの中に宇宙を抱き、あらゆる生命は巡り、つながり合う──。
観る者の生に呼応し、心を静かに引き寄せる瀧本氏の作品群は11月26日(日)まで見ることができる。

瀧本幹也 / 写真家・映像作家

1974年生まれ。代表作に、ドイツの造形学校バウハウスを構成的にとらえた『BAUHAUS DESSAU 㱤 MIKIYA TAKIMOTO』(2005)、
世界7大陸を巡り観光地の非日常性に集まる人々を撮影した『SIGHTSEEING』(2007)、
『LOUIS VUITTON FOREST』(2011)、地球の原風景「LAND」と文明の象徴としての宇宙開発「SPACE」の相対するシリーズをまとめた
『LAND SPACE』(2013)のほか、『Le Corbusier』(2017)、『CROSSOVER』(2018)などがある。

また映画の撮影も担当し、是枝裕和監督作品『そして父になる / Like Father, Like Son』(2012)でカンヌ国際映画祭コンペティション審査員賞、『海街diary / Our Little Sister』(2015)で日本アカデミー賞および最優秀撮影賞、
『三度目の殺人 / The Third Murder』(2017)は第 74 回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門などを受賞。

写真と映像で培った豊富な経験は、独自の視点を生み出し、唯一無二の作品へと昇華されていく。
作品はThe Met ropolit an Museum of Art(New York)、東京都写真美術館( 東京 )などに収蔵されている

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか