注目の風景写真作家・今坂庸二朗氏の日本で初の作品集『Wet Land』が販売中。

NYをベースに活動し、アメリカ国内はもちろんパリや東京などで数々の個展を成功させている気鋭の写真家・今坂庸二朗氏のランドスケープ作品集『Wet Land』が刊行された。
アナログ撮影にこだわり、撮影イメージによって撮影技法を変える今坂氏が本シリーズの撮影に選んだのは、写真フィルムが発明される以前の19世紀末に用いられていた「コロジオン湿板法」。
薄いガラス板に像を焼き付けるこの手法から生み出されたイメージがもつ、デジタル撮影では表現し得ないどこか懐かしくも繊細な表情を堪能できる作品集となっている。

アメリカ南部ミシシッピ河口に広がる手つかずの自然美を超アナログ撮影で収めた作品集

ランドスケープ写真をライフワークとする今坂氏の撮影スタイルは、インスピレーションを受けた土地へのリサーチを積み重ね、その土地に合った撮影方法を選択することから始まる。
撮影場所に入ってからは長期にわたり現場の光の移り変わりを見続け、撮りたい風景イメージを頭の中で固める。
細かい作業を積み重ね、今坂作品の特徴である「風景絵画を思わせる繊細な作品」が完成する。

本書には、ミシシッピ河口に広がる「バイユー」と呼ばれる湿地帯の風景写真76点を収録。
この撮影で今坂氏が選択した撮影技法は「コロジオン湿板法」。
8×10の大型カメラに、厚さ1ミリほどのフィルム代わりのガラス板をセット、長時間の露光を経てイメージを焼き付けます。
今坂の風景作品は、背景にある土地の文化も映し出していることも特徴の一つに挙げられる。
かつてこのバイユーに移り住んだフランス系カナダ移民は、原住民とともにケイジャン文化を生み出した。
《Wet Land》シリーズの制作において今坂氏は、ケイジャンの食生活に欠かせない食材「タマネギ」をプリント時の調色に使用することを思い付く。

こうした柔軟なアイデアも、彼の作品をより重層的なものへと昇華させている。

そんな今坂作品を知る手立てとなるテキストも充実。19世紀西洋絵画を専門とする美術史家キャサリン・キャリー・ガリッツ氏(メトロポリタン美術館所属)によるエッセイ、テート・モダン写真部門シニア・キュレータなどを歴任し、現在アジア・ソサエティ館長を務める中森康文氏による今坂インタビュー、今坂本人の解説による撮影プロセスも収録。

  • プロフィール

今坂庸二朗

1983年、広島生まれ。日本大学芸術学部写真学科、プラット・インスティチュートにてMFA取得。2007年に活動拠点をアメリカに移す。ニューヨークやパリを中心に数々の個展を成功させ、日本では表参道 ストリート アート プロジェクトでの「FENDI × Yojiro Imasaka」(2022)などの展示も。

『Wet Land』今坂庸二朗 ランドスケープ作品集
発行|カルチュア・コンビニエンス・クラブ
発売|美術出版社
価格|10,000 円+税
発売日|2023年10月20日(水)
仕様|168ページ、 B4変型
ISBN|978-4-568-10570-4 C0072
ご購入はこちら|https://amzn.asia/d/fHjC7FC

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか