コマーシャル・フォト2月号発売中! 特集「クリエイティブの未来を語る2023-2024」。表紙はAPAアワード2024大賞・百々 新が「起死回生」をテーマに俳優・藤﨑ゆみあを撮り下ろし!

特集「クリエイティブの未来を語る2023-2024」

今回の巻頭特集は「クリエイティブの未来」をテーマに、撮り下ろしとロングインタビューの2 本立て。APAアワード2024大賞を受賞した百々 新が、「起死回生」をテーマに俳優・藤﨑ゆみあの撮り下ろし表紙が目印。

特集「7人のクリエイターにロングインタビュー」

最前線でクリエイティブを生み出すフォトグラファー、クリエイティブディレクター、アートディレクターらの ロングインタビューをお届け。出演は百々 新、福里真一、加我俊介、石田真澄、 矢後直規、柿本ケンサク、そして藤﨑ゆみあ。

Canon RF LENS Impression 09
RF24-105mm F2.8 L IS USM Z × 酒井洋一

キヤノン EOS Rシステムの中核として開発された「RFレンズシリーズ」。 大口径マウント、ショートバックフォーカス、12点の電子接点などが特徴で、そのポテンシャルを活かす、ラインナップが続々と発売されている。 そんな「RFレンズシリーズ」の中から、今回は「RF24-105mm F2.8 L IS USM Z」を使用して、ウエディングムービー撮影を行なった酒井洋一氏に、その魅力を語ってもらった。

最新ラージフォーマットミラーレスカメラの実力 FUJIFILM GFX100 II

2023年9月末に発売されたラージフォーマットミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX100 II」。 従来機の「GFX100」が持つ、約1億200万という圧倒的な画素数はそのままに、新開発された撮像センサーと最新の画像処理エンジンを搭載することで、 さらなる高画質化と高速化がなされている。また、外観も小型軽量に改善され、より機動力が上がったモデルだ。本記事では、この「FUJIFILM GFX100 II」を使用して、 「能」をテーマにした作品を撮り下ろした、フォトグラファー渡邉 肇氏にインタビュー。同時に発売された新レンズ「フジノンレンズ GF55mmF1.7 R WR」についても話を聞いた。
撮影:渡邉 肇 能楽師:辰巳満次郎

業界横断企画 「面と向かう」

クリエイティブの仕事において、印刷会社への入稿は大きな区切りである。企画、撮影、デザインを経て、原稿として託し、出校や納品を待つ。 しかし、上がってきたものがどうもイメージと違う、赤字を入れてもなかなかしっくりくるものにならない、そんな経験をされた方は少なくない。 また、印刷について詳しく知りたいがその手段がない、と感じている方もいるのではないかと考えます。 本記事は、そうしたモヤモヤが改善に向かうきっかけになれば、という趣旨で行なう本誌と印刷専門誌『印刷雑誌』、そして展覧会の連動企画。

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。