エンタメポスタービジュアルを徹底研究!「劇場版 君と世界が終わる日に」「ゴールデンカムイ」など話題作のビジュアル撮影の裏側にも迫る!

コマーシャル・フォト1月号の巻頭特集「エンタメポスタービジュアル徹底研究」では、その名の通り話題のエンタメ作品のポスタービジュアルについて特集している。

本日1月26日、全国東宝系にて公開された『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』についても徹底研究。
ポスター撮影を担当したSHIN ISHIKAWA 氏とデザインを担当した TOHO マーケティングの青島 陽氏に撮影と制作の裏側を聞いた。
気になる撮影のプラン資料や、撮影現場でのエピソードや状況などをたっぷり語っていただいた充実の内容になっている。

他にも1月19日から全国で公開されている「ゴールデンカムイ」のデザインを担当した江口伸二郎氏と東宝宣伝部の中西藍氏に制作の裏側と戦略を聞いた。
原作ファンも納得させた圧倒的な熱量が伝わる完成度のビジュアルはどのように作られたのか、その裏側に迫る。

北野武監督作品「首」のデザインを担当したデザインを担当したTOHOマーケティングの細川寿樹氏や、
NHK 連続テレビ小説『ブギウギ』からはフォトグラファー浅田政志氏などエンタメ界を担うクリエイターの方々にも話を聞いた。


エンタメ最前線作品のビジュアル制作の裏側紹介はもちろん、エンタメ最前線で活躍するアートディレクター、吉良進太郎氏、Bonの島田寛氏・本橋真由美氏、日本テレビ デザイン室の関口憲司氏の3名に最近の潮流やエンタメビジュアルの仕事、フォトグラファーの選出などそれぞれの視点で語ってもらったコラムも必読。

▼コマーシャル・フォト2024年1月号は好評発売中!
 ご購入はこちら↓

コマーシャル・フォト2024年3月号

■特集「料理写真徹底研究 もっと! おいしい瞬間」五感に訴えかける料理写真の極意とは!

料理撮影において最も重要なのが、被写体の“おいしい瞬間”を切り取ること。瑞々しい素材のカットや、調理場面、出来立てのテーブルフォト、食器で口に運ぶシーンなど、その瞬間はいたるところに存在し、被写体や使用用途に合わせて、ベストな瞬間を見極めると共に、見た人の五感を刺激するビジュアルを突き詰めることで、最高の料理写真が完成する。本特集では、食に特化したフォトグラファーが多数在籍しているアマナのシズル撮影専門クリエイターチームhue(ヒュー)に、経験による審美眼や画面構成のアイデア、シズル表現のテクニックなど、“おいしい瞬間”をビジュアル化するためのノウハウを解説してもらった。

■写真展「中森明菜」
中森明菜さんのデビュー40周年を記念し、新設された中森明菜さんのファンクラブ:ALDEA限定で発売された写真集。その撮影を担当した只友眞人氏が撮影について語る。

■feature 01 高橋秀行「3,776.12」
Shuffleでも以前取り上げた本展。コマーシャル・フォト3月号でもより深く、作品に迫る。