Blackmagic Design Special Interview

Blackmagic Design | DaVinci Resolve 18
石山将弘(カラリスト)

2023年2月21日

20221025_blakmagic_2.jpg

強く美しい女スパイのノンストップアクション大作『リボルバー・リリー』 のカラリスト、石山将弘。
日本初のカラーグレーディングスタジオARTONE FILMを設立した彼は、日本的な繊細さを活かすカラリストとして、国内外で活躍している。
彼がリリーに添えた鮮やかさとは。

『リボルバー・リリー』東映
石山将弘(カラリスト)

Dir=Isao Yukisada DP=Keisuke Imamura TC=Masahiro Ishiyama(ARTONE FILM)

個性が光るカラーグレーディングを

——『リボルバー・リリー』ではカラーリングをどのように構築しましたか。

石山 舞台となる大正時代は西洋から色彩豊かな文化が入ってきた反面、経済的には決して豊かではないので、色味の少ないイメージもあります。監督からは「時代劇だけど服の色など彩度はしっかり出したい」とオーダーがありました。出来上がった色は、幅広い世代に受け入れられるものになったかと思います。

——ドレスに鮮血が飛び散るシーンがありますが、今回のカラーのテーマは?

石井 やはりストーリーが大事なので、グレーディングが目立ちすぎてもダメなんだと思います。普段だと黒に近いような血の色にすることが多いのですが、鮮やかな血にしたいというリクエストがありましたので、発色良く作りました。

——行定監督からのカラーについての要望は?

石井 そこまでフィルムルックには持っていきたくないと言われましたが、フィルムとデジタル両方のいいところを活かすようにしました。クリエイティブなLUT ではハイライトをクリップさせたりしますが、今回はハイライトはしっかりきれいに作りながら、ナチュラルなトーンカーブを意識しました。

——DaVinci Resolve を使い始めたきっかけについて教えてください。

石井 Company 3と仕事をする機会がありました。その時にDaVinci Resolveを使っていた彼らにノウハウを教えてもらいました。日本のカラリストはカメラマンの意向に寄り添うイメージがありますが、Company 3は自ら提案するタイプが多く、ARTONE FILM でも提案しながらカラーを作り上げることを心がけています。

——DaVinci Resolve 18 の便利な機能について教えてください。

石井 カット数が2000弱あったので、全体のトーンを合わせる作業が大変でした。DaVinci Resolve のHDR グレーディング設定でノードにカラースペースとガンマをきちんと設定すれば、撮影のカメラメタデータと同じ明るさに変換することができるので便利でした。

——これからカラリストを目指す今の若い人たちにアドバイスをください。

石井 自分が好きなものを追求した方がいい。時間が限られたプロの現場では、どのようにして良い結果を皆で追求していくのかを考えながら動かなくてはいけないが、お客さんやカメラマンに面白いと思わせるのは、好きなものや、逆に嫌いなものが定まったその人の個性なんだと思います。

※この記事はコマーシャル・フォト2023年12月号から転載しています。

コマーシャル・フォト2024年7月号

【特集】「男を撮る」
男性ポートレイトに特化した特集「男を撮る」。第3回となる今回は、 全52ページにわたる総力特集。
Chapter1 フォトグラファー・長山一樹が俳優・木戸大聖を撮り下ろし。
Chapter2 6人のフォトグラファーによる各々の男性ポートレイト考を紹介。
      太田好治×柄本 明 小笠原真紀×柿澤勇人 佐藤航嗣×杉野遥亮
      倭田宏樹×WANIMA You Ishii×坂東龍汰 吉田 崇×津田健次郎
Chapter3 1人の被写体を様々なライティングで撮り分けることで、その人ならではの魅力を引き出すアイデアを紹介。「スタンダードな白背景」から、「テーブルを黒にして陰影を出す」「サイドを黒で締めてエッジを出す」など、14つのバリエーションを提案します。(解説・撮影:馬場道浩)


▪️「WONDER Mt.FUJI」INTERVIEW 太田菜穂子×瀧本幹也×公文健太郎 ほか