ケンコー、aosta SanctuaryⅣシリーズからリュック3種とレンズバッグ、フラッシュバッグが発売

ケンコー・トキナーは、SanctuaryⅣシリーズから、リュック3種「RK260」「RK650」「ISリュック」と、「レンズバッグ S / M / L / XL」、「フラッシュバッグ」の販売を2024年7月19日より開始する。

オンラインショップではaosta Sanctuary IV RK260が28,600円(税込)、aosta アオスタ サンクチュアリIV RK650が41,800円(税込)、aosta サンクチュアリIV ISリュックが38,280円(税込)、「レンズバッグ S / M / L / XL」、「フラッシュバッグ」が3,960円(税込)から6,160円(税込)となっている。

前モデルのSanctuaryⅢシリーズの基本は残しつつ、さらに使いやすくなったシリーズⅣ。新たにバッグ側面にモールシステムを採用し、レンズバッグが装着可能になった。

SanctuaryⅣ RK260

基本設計は前モデルを引き継ぎながらも、さらに使いやすくなった。双眼鏡収納ポケットやタブレットポケットはそのままに、全長を高くすることで2倍のテレコンバーターを装着したまま収納出来るように。また、モールシステムを採用することで別売のレンズバッグを取り付けることが出来、使いやすさがさらに広がった。

SanctuaryⅣ RK650

600mmf4超望遠レンズを、縦位置グリップ装備のフルサイズ一眼に取り付けたまま収納可能。開閉フラップは折りたたみ式で、オープン時にフラップが汚れないのがポイント。内部カラーをイエローとし、暗い場所での視認性を考慮した。一脚や小物を収納するスペースを備えながらも、超軽量・コンパクト仕様を実現している。

SanctuaryⅣ ISリュック

座れるリュックとして第4世代目となるISリュック。第3世代と比べ高さを20mmアップし、フルサイズミラーレスカメラに2倍のテレコンバーターを付け200-600mm超望遠レンズを付けた状態でも収納出来る様になった。野鳥・鉄道・航空写真など”待ち”が多い撮影時に威力を発揮する。

SanctuaryⅣ レンズバッグ S / M / L / XL

SanctuaryⅣシリーズのサイドにある、モールシステムに装備することが出来るレンズバッグ。レンズインナーバッグとしても使用可能。
S:小型単焦点レンズ単体やテレコンバーター用
M:大口径広角・標準ズームレンズ単体用
L:大口径望遠レンズ単体用
XL:超望遠レンズ単体用

SanctuaryⅣ フラッシュバッグ

SanctuaryⅣシリーズのサイドにある、モールシステムに装備することが出来るフラッシュバッグ。フラッシュインナーバッグとしても使用可能。

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか