カールツァイス、35mmフルフレームEマウント専用シネレンズシリーズ「ZEISS Nano Prime」を発表

NP 18mm / NP 100mm:各税別675,000 円
NP 24mm / NP 35mm / NP 50mm / NP 75mm:各税別600,000円
専用ケース(ペリカンケースの軽量シリーズ Peli-Light を採用):税別113,000円
NP×6本と専用ケースセット:税別3,450,000円

2024年5月下旬発売予定

ZEISS Nano Prime

主な特徴

  • ZEISSハイエンドシネレンズ「Supreme Prime」に準じたクリアでシャープな描写
  • Eマウント専用シネレンズとしては初めてマウントに電子接点を搭載
  • 18mm、24mm、35mm、50mm、75mm、100mmの6本をラインナップ

カールツァイスは、35mmフルフレームEマウント専用シネレンズシリーズ「ZEISS Nano Prime」(以下NP)を発表した。

NPシリーズは光学・鏡胴ともにEマウント用に新規設計された18mm、24mm、35mm、50mm、75mm、100mmの6本で、開放値はすべてT1.5で統一。前枠径は95mmと一般的なマットボックス取付径に対応、さらに前枠内側に86mmのフィルターネジも施され、保護用やバリアブルNDなど各種円形ねじ込み式フィルターを装着でき、カメラ周りをコンパクトにしたいジンバル撮影時などに便利(ねじピッチは P=1.0)。

ZEISSハイエンドシネレンズ「Supreme Prime」に準じたNPのレンズ描写は、高いコントラストと豊かな階調表現を兼ね備え、被写体のディテールまで細かく捉えた映像表現を可能にする。多くのドラマやコマーシャル撮影で選ばれているFXシリーズにネイティブで使用でき、VENICEやBURANOとも好相性。

また、Eマウント専用シネレンズとしては初めてマウントに電子接点を持ち、レンズ焦点距離や絞り値などをカメラのビューファインダーに表示できるほか、カメラ収録データにも記録される。レンズの「歪み」および「周辺光量」データはZEISS CinCraftサーバーより入手できるため、VFX合成等も既存のZEISSシネレンズ同様のワークフローで作業が可能だ。

コマーシャル・フォト2024年8月号

【特集】視点を変える。記憶に残す。「ブツ撮り2.0」
「ブツ撮り」には2種類ある。ひとつは誰がどう見てもその被写体だとわかるもの。被写体に正面― あるいはその被写体がもっとも美しいとされる位置―から捉え、被写体の質感や色を正しく写す撮影。そしてもうひとつは、視点を変えて、被写体に新しい価値を見出すもの。今回は後者の「ブツ撮り」を特集。見慣れた物の見方を変えて、静物に新しい命を吹き込む6名のフォトグラファーのアイデアの源泉を探るため、誰もが1日に一度は目にする「ティッシュ」という同一テーマを撮り下ろしてもらい、被写体との向き合い方、こと〞ブツ撮り〝への考え方について聞いた。
泊 昭雄/Kaz Arahama/水野谷維城/瀧本幹也/望月 孝/李 有珍

【FEATURE 】 須藤絢乃「Fragment」/岡 祐介「ジンシャリ(JinShari)」」/HIRO KIMURA Yohji Yamamoto POUR HOMME × ISAMU KATAYAMA BACKLASH「HEROES」

【別冊付録】 スタジオデータブック 2024
各スタジオの諸設備、サービスの内容がひと目でわかるアイコン表記や一覧表で、 検索しやすい構成となっている。 スタジオルポ、新規にオープンしたスタジオ、リニューアルしたスタジオの情報など最新情報も網羅した、スタジオ探しをサポートする必携の1冊。

ほか